陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
白山吹を活けてみました。 :: 2017/04/22(Sat)

お久しぶりです。

特に、ブログネタが無いからと、アップを怠っていたら、
もう、GW間近ではありませんか???早いですねぇー 

今日は、自作の花入れに、白山吹を活けてみましたと、
言うより、挿しただけですが・・・(笑)
でも、ちょっと、部屋に生花があると、気持ちもグンと上がります。


blog-m55.jpg

blog-m56.jpg


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、私の作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
『MISOKA』という名の歯ブラシ :: 2017/03/07(Tue)

3月に入りましたねぇー
少しづつですが、過ごしやすくなって参りました。

今日は、毎日皆さんもお世話になっている歯ブラシです。


blog-m52.jpg

blog-m53.jpg

blog-m54.jpg

blog-m51.jpg


↑立派なお箱に収められている歯ブラシ
お値段、何と、税込み、1080円です。

説明では、毛先にミネラルを付着させた歯ブラシで、
水を含ませ、磨くだけで、歯がツルツルになり、その後も持続するという物、
でも、そのミネラルも永遠・・・とは、いかず、朝・晩1日2回磨いたとして、
30日しか持たず、その後は、普通の歯ブラシになります。

朝、使って確かにツルツル感はあるのですが、持続という面では、そんなに感じなくて、
日中は、気になると普通の歯ブラシを使い
就寝前は、電動歯ブラシを使っています。

ヘッドが小さく、先端が細いので、歯の奥まで磨けますし、
グリップは、少し太めで微妙なカーブが握りやすいです。


↓YouTubeでも紹介されていますので、気になるお方はご覧くださいませ。





テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
9歳になりました。\(^o^)/ :: 2017/02/08(Wed)

2月に入りました。

寒いのは、苦手な私ですが、日々の散歩は欠かさず行っております。
天気予報では、明日から、木・金・土曜日と、雪マーク・・・ちょっと心配です。


blog-m45.jpg

blog-m50.jpg

blog-m49.jpg

blog-m46.jpg


2月は、rakuの誕生月、9歳になりました。
rakuは、中型犬ですので、人で言うと、大体、59歳ぐらい、
遂に、私を追い抜いてしまいました。

口元の毛は、白くなってきたけど、しわ・たるみは無いし、
リードを引っ張る力は、十分強いし、足腰も衰え無し、まだまだ元気です。


そして、てんちゃん


blog-m47.jpg

blog-m48.jpg


こちらは、2歳、人で言うと、大体、23歳ぐらい・・・羨ましい


では、皆様、風邪など引かないよう体調管理を怠りなく、
お過ごしくださいね。


テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. raku&てん&りん
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
謹賀新年 :: 2017/01/01(Sun)

blog-m42.jpg


                謹賀新年 


新春を迎え皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


blog-m44.jpg


今日は、今年の干支、酉の香合です。
作られたのは、備前焼窯元 小西陶古さん

香合なので、小品ですが、
羽の一線一線、ヘラ描き、削り取って・・・羽・羽毛の表情の違いを表現してて、
毎度の事ながら、見応えのある作品になっています。

本日、1月1日
気持ちの良いお天気で、何となく良い1年のスタートがきれたような気がしています。

では、皆様、良いお正月をお過ごしくださいませ。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
窯焚き、そして、窯出し :: 2016/12/15(Thu)

12月も既に中旬
窯焚き、そして、窯出しも終わったのに、ついついブログアップが後回しになってしまいます。

ブログ開始から約10年・・・体力・気力・ネタも尽きてきましたねぇー 


blog-m41.jpg

blog-m34.jpg

blog-m35.jpg

blog-m36.jpg

blog-m37.jpg

blog-m38.jpg

blog-m39.jpg

blog-m40.jpg


窯焚きは、ほぼ同じ温度推移で焚くのですが、
毎回、違う景色の作品が窯から出てきます。

今年は、割れた作品はあまり無かったのですが、
全体的に4年前と同じような、良く言うと渋め、悪く言うと暗めでした。
で、その中に、ちょこちょこと、金彩・銀彩をまとった作品が出てきるのです。→(窯の神様が暗めばかりだと、可哀そうだからだと、華やかな作品も混ぜてくれるのかもしれませんね???)

今年は、夏だけ雨が少なかったけど、後は雨がよく降りましたので、
ちょっと、暗めかなぁー? と、想像してましたが・・・窯出しが終わってから、ずっと凹んでいます。

来年は、良い年にしたいなぁーーー


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 窯詰め・窯焚き・窯出し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。