陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



 謹賀新年  :: 2018/01/01(Mon)

blog-m92.jpg

                謹賀新年 


    新春を迎え皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
    本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


blog-m93.jpg

blog-m94.jpg


今日は、備前焼窯元小西陶古さん作、今年の干支、戌の香合です。
同じ干支でも、毎回違う作品を作られているのですが、
今年、平成30年は、豆柴犬の子犬です。
成犬では無い所が、一味違う作品になっていますよねぇー?

香合なので、小品ですが、
毛並みを一線一線、ヘラ描きし、毛の流れまで表現されています。
子犬らしく、丸々太った後姿が、可愛いですね。

では、皆様、良いお正月をお過ごしくださいませ。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
窯出しでした。 :: 2017/12/07(Thu)

12月3日、日曜日は、窯出しでした。

お天気にも恵まれ、会員の皆さんに手伝って頂き、お陰様で良い窯出しが出来ました。
ありがとうございました。

約1年掛けての作品作りの集大成・・・色々な景色となって出てきましたが、
ほぼ、割れずに焼き上がり、ホッとしております。

では、会員さんの作品です。


blog-m85.jpg


Yさん
高さ40cmもある大作です。
本体は、3ヶ所接合させ、部品もたくさん接合させていますので、一番心配だった作品です。
台が出来上がると、より一層、迫力のある良い作品になりますね。


blog-m86.jpg


Aさん
たくさんの、ワンちゃんが焼き上がりました。
来年も、良い年になりますね。


blog-m87.jpg


Tさん
荷造りが終わった頃に撮らせて頂きました。
画面中央のビール呑み・・・何と、黒備前になっています。
もう、何十回と窯焚きをしていますが、黒備前を見たのは、初めてです。
窯の中で、どーいう条件が揃ったのでしょうね???


blog-m88.jpg


Dさん
色々、細工を施し、時間を掛けて作られた作品ばかりでしたが、
特に何度も失敗して、作りあげた、ねじれ花入・・・苦労しただけに愛着が湧きますね。


blog-m89.jpg


I さん
花入れ・一輪挿し・壺・・・たくさんお花を活ける器が出来ましたね。
大壺は、たとえお花を活けなくても、そのまま飾っておくだけで、見応え充分ですね。


blog-m90.jpg


Sさん
プレゼント用の茶壺・・・実は、内蓋も作られています。
贈り先の先様は、絶対に喜ばれますね。


blog-m84.jpg


Nさん
プレゼント用の湯さましは、見損ないましたが、
花入れは、色々なサイズが出来ましたので、
どんなお花にも対応出来て、お正月花を活けるのに活躍しそうですね。


では、では、皆様、大変お疲れさまでした。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 窯詰め・窯焚き・窯出し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
陶芸、会員さんの作品 :: 2017/10/24(Tue)

10月も下旬・・・早いですねぇー

そして、11月には窯詰め・窯焚きが控えています。

会員の皆さんには、10月までに仕上がった作品を窯詰めします・・・と、伝えていますので、
皆さん最後の追い込みです。

今日も会員さんの作品です。


blog-m80.jpg


I さん
ロクロ挽き後、一本一本手彫りで作りあげました。
根気のいる作業・・・焼き上がったら、どー見えるのか?楽しみですね。


blog-m81.jpg


Tさん
コーヒーにお茶・・・など一番使いやすそうなサイズの器
ロクロ挽き後、サッサと絵を描かれたり、面取りしたり、線描きしたり、楽しい作品になりました。


blog-m82.jpg


Dさん
四角の花入れを捻じりました・・・と、いうより捻じれたように作られました。
実は、3回失敗して、4回目にして成功した作品です。頑張りました。


blog-m83.jpg


Nさん
竹に見立てた水盤です。
ロクロ挽きで、同サイズの筒型を2本作り、合わせ作られました。
12月に窯出しですので、お正月に活躍しそうですね。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
陶芸、会員さんの作品 :: 2017/09/18(Mon)

9月も中旬・・・随分と秋の気配を感じるようになりました。
「暑さ寒さも彼岸まで」と、言いますので、これから一時は、過ごしやすいですね。

今日は、
会員のAさんの作品、来年の干支戌の置物です。


blog-m77.jpg

blog-m78.jpg

blog-m79.jpg

blog-m76.jpg


同じ戌がモチーフでも、
石膏型で作られた物、粘土の塊からの手作りの物・・・全く違うワンちゃんが出来ました。

又、同じ石膏型から形を抜いて、作られても、
型から抜いた後に、手を加えていくと、会員さんそれぞれ、違うワンちゃんになっていきます。

箸置きのワンちゃんも、3匹それぞれ可愛くて、
きっと、お孫さんが喜ばれるのではないでしょうか? 


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
新しい同居猫 :: 2017/08/20(Sun)

   残暑お見舞い申し上げます


毎日、暑いですね。
さすがに、予想気温37度の数字は、見なくなりましたが、
連日の30度超え・・・堪りません。

で、暑くても寒くても、raku(犬)の散歩には毎日欠かさず行っているのですが、
その散歩中、rakuが、子猫を見つけてしまいました。

イヤイヤ、もう飼えないし・・・と、思い、数日、散歩の度に様子を見ていたのですが、
会う度に、『連れて行って・・・』と、見つめるし、鳴き声も小さくなってきて、
仕方なく連れて帰ってしまった次第です。


blog-m70.jpg


握ると、肋骨は感じるし、目が膜で覆われています。→ティッシュで拭いても採れない

初日、ケージに入れると、臆することなく、
ご飯を食べて、爪とぎをし、水を飲んで、トイレもきちんとし、
ベッドでリラックス状態でぐっすり寝てたのに対し、
てんちゃんは、「シャー、シャー」言ってるし、rakuも、「ワンワン」と、興奮状態でした。


blog-m75.jpg


お盆明け、ようやく病院へ

猫シラミとダニがいて、スプレーで駆除
そして、目の薬を頂いて帰りました。

体重が700gで、先生の見立てだと、生後2ヶ月くらいでしょう・・・との事、
6月生まれです。


blog-m71.jpg

blog-m73.jpg

blog-m74.jpg


徐々に、膜が無くなってきて、
目が見える様になって来ました。
後、もう少しです。

そして、名前ですが、
今いる子は、犬(raku)・猫(てん)で、偶然にも「楽天」と、なっていますので、
やはり、楽天市場つながりで、「いち」かなぁーと、思いましたが、
将来、「場」が、増えても困るので、止めて、

お盆に、来たので、「ぼんちゃん」・・・??? など、
色々考えて、お盆から連想して輪廻にたどり着きました。

ひらがなで、りんちゃんになりました。女の子です。


テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. raku&てん&りん
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
前のページ 次のページ