陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



型を起こして、コップ! :: 2008/04/12(Sat)

blog-p136.jpg


森陶岳先生(県の無形文化財保持者)の御長男、森一洋先生の作品です。

blog-p137.jpg


上から見ると、2ケ共、同じ形をしています。
W8.5センチ、H12センチ、これぐらいのサイズ、形だとロクロ挽きで出来そうですが、
口縁部の微妙な変形を作る為、石膏型から、作られています。
陶芸をされない方、又は、ロクロを始めたばかりの方は
『石膏型』と聞いて、なんだぁーーと思われるでしょうが、
口縁部を、柔らかい時に、手で押さえて変形させるのであれば、
ロクロ挽きの方が簡単で早く出来ます。

作家さんですので、オリジナル作品である事は、絶対です。
石膏型を取る為、1ヶ作品を作り、石膏型を起こします。
そして、型から抜いた後、その成形と処理をします・・・どうですか・・・大変でしょう・・・?

実際、使っていますが、変形させているので、大きいわりには、持ちやすいです。(^^)

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
<<益々、凝っていました! | top | 山吹、咲きました!>>


comment

o(^-^)o

やさしい形ですね~好きなタイプですo(^-^)o

石膏型を起こして
型を抜き形成と処理…?
技術的なことは初心者です(-.-;)
  1. 2008/04/12(Sat) 21:53:18 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

薄雪草さん

そうですよね!!
石膏型と言っても、ドロドロの粘土を流し込んで作る鋳込みの方法もありますが、
上記のコップは、縦に真二つにした、型2ケを使い、両方の型に粘土を詰めて、
それを、合わせて作っています。
型から抜いた後、はみ出た粘土を取り除いたり、
口縁部、高台・・・など、カンナで削り取ったりします。
百聞は一見にしかず・・・御覧になれば納得なんでしょうが、
文にすると、なかなかです。(単に文章力不足です)m(__)m
畑萬さんの雛人形なども、型だと思いますので、見せて頂いてください。
  1. 2008/04/13(Sun) 18:28:10 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

分かりましたよ!
丁寧な解説ありがとうございます。
江戸時代の鍋島でも規格を整えるため
型を作っていたと書かれていました。
その作り方を本で見ました!
  1. 2008/04/13(Sun) 19:12:49 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

薄雪草さん

そうですか?
陶器好きの、薄雪草さんに御理解頂けて、良かったです。
陶磁器は、その地方で製法、焼成など違います。
その土地(採取される粘土)に合った方法が、伝統となって、現在も続いています。
もっとも、現在は、電話一本で何でも揃いますけど・・・!!
  1. 2008/04/13(Sun) 23:08:58 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

まるで、高温の窯の中で火色に輝いているようなコップですね!
口縁部の変形が、口当たりを和らげて、コップ全体の丸みに優しさを感じます。
ここが、作家さんの腕の見せ所なのですね。
ロクロも石膏型も未知の世界なので、2つの型に粘土を詰めて合わせたもの(?!)ということ自体が不思議なくらい薄くて滑らかな形だと思いました。

tourienさんは、このコップにお酒以外の何を入れて飲んでいらっしゃるのですか?
  1. 2008/04/14(Mon) 23:48:48 |
  2. URL |
  3. piyodivo #-
  4. [ 編集 ]

へ~!です。
そんなに手間がかかるものだなんて!
なかなか知識のないあたしには難しいですが、
大変そうです><
  1. 2008/04/15(Tue) 18:12:51 |
  2. URL |
  3. ムタ嬢 #IUoEg7sw
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

piyodivoさん

ずばり、牛乳です。(笑)
商品名は、ビール呑みなのですが、全く飲めませんので、
牛乳です。先生のお宅にお邪魔した時は、
これに、アイスコーヒーを入れて出してくださいました。

緋色の明るいのは、穴窯の特徴です。
コレは、20メートルの穴窯で20日焚いています。


ムタ嬢さん

『へ~!』と思って頂いたのなら、良かったです(^^)
作家さん、それぞれのこだわり・・・ですから・・・!
でも、コー言う小物を石膏型で作られるのは、
森家とその弟子ぐらいだと思います。


  1. 2008/04/15(Tue) 20:25:19 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/95-3d6d8f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)