陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
会員さんの作品! :: 2007/12/10(Mon)

blog-p076.jpg


会員さん、お二方の作品です。
12月2日、日曜日の窯出しは、欠席で、教室のあった土曜日に、来られました。
開口一番 『いいねぇー、いいじゃん』 と言ってくださったので、こちらこそ、よかったです。

blog-p077.jpg


右は、11月21日のブログで、先ずは、割れない事を願って焼いた明り取りです。
無事に、割れずに出来上がりました。
高さが、ありますので、炭は、下部しか入りませんが、全体に明るく、透かしの模様、
花びら部を、一段掘り下げた所も、引き立って、良いではないですか
電気を付けた、様子・・・見たいですね?

左の小壺は、モー登り窯で焼いたような色、景色で、良かったですね
形も、コロンとして可愛くて、お花を生けると映えますよ・・・実物もいいかも・・・?

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
<<囲炉裏の座卓です! | top | どちらがお好み・・・?>>


comment

こんにちは!

おーーーーっ!
灯りが
気になっていました!
この灯りは電球ですか?
炭は下部に?
電気をつけた様子
ぜひみたいですねー!!!

花瓶も本当にいい景色に焼きあがっていますねー!
素朴な味がでて素敵ですぬ
会員さんの作品はよく出来ています!
素晴らしい!

  1. 2007/12/10(Mon) 12:36:42 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

薄雪草さん

他の会員さんも、良い作品は、たくさんあったのですが、窯出しの日に皆さん持って帰りますから、アップは出来ませんでした。

灯りは、電球使用で、コードが通る様に、胴の下をカットしています。

そして、ご質問の「炭は下部に?」ですが、
『サンギリ』→備前焼の景色の名前
を取る為に、窯焚きの最後に、炭(5cmぐらい)を作品に掛けていく作業があります。
12月3日のブログの画像に、灯りが中央にありますが、炭の入るのは手前の作品の高さまです。無理にサンギリを取ろうと、寝かせて、手前の作品と同じ高さにすると、サンギリは取れるでしょうが、今度は、口部が楕円に変形するでしょうから、蓋が合わない様になります。それで、立たせて、炭は下にしか入らない事を納得して頂いて、焼いたという事です。


  1. 2007/12/10(Mon) 20:43:01 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

o(^-^)o

製作行程のはなしですねo(^-^)o

完成品に炭を入れるのかと勘違いしてました…納得o(^-^)o
  1. 2007/12/11(Tue) 09:25:12 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

薄雪草さん

説明不足の文面で、すみませんm(__)m
納得して頂いて、良かったです。
  1. 2007/12/11(Tue) 23:43:33 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです!
気になっていた、「明かり取り」
とっても優雅ですね!
明かりが灯った画像も見てみたいですが、それは無理でしょうね!

  1. 2007/12/13(Thu) 14:14:26 |
  2. URL |
  3. tonkathu #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

tonkathuさん

いらっしゃいませ(^^)
私も、明かりの付いた画像見たいのですが・・・
一応、会員さんに相談してみますね?
  1. 2007/12/13(Thu) 17:33:21 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/59-ee51b49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。