陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



平山郁夫展へ :: 2013/01/14(Mon)

会員さんから、北九州市制50周年を記念して開催される、
平山郁夫展のチケットを頂きましたので、先日、行って参りました。


blog-t738.jpg

北九州市立美術館分館 リバーウォーク北九州5F

2月11日までの開催になっております。


blog-t740.jpg


TVでは、見た事はありましたが、
本物を実際に見るのは初めて・・・TVの画面より、ずっと、迫力が有り良かったですよ。

お近くの方は是非、見に行かれてくださいませ。
そして、Nさんありがとうございました。


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 美術館・展示会巡り
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
<<陶芸、会員さんの作品 | top | 2013 棟方志功カレンダー>>


comment

平山郁夫は亡くなるときは東京芸大の学長でしたね。
仏教に関係する画が多く画面からは静かな情熱が伝わって来るようです。

なかなか展覧会に行けないのが実情ですが機会を作って行かなくちゃね。
  1. 2013/01/15(Tue) 11:43:25 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

駱駝

独自の世界観を表現できる画家でした。
駱駝という、通常は受け入れにくい動物を、素敵な夢物語にまで昇華させるところが見事です。
  1. 2013/01/15(Tue) 15:03:36 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

かなし遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
平山郁夫の作品は、私も生で拝見した事がないんです。
こちらでも開催されたらいいなぁ。
↓前記事の棟方志功のカレンダーも
迫力があって素晴らしいですね。
昨年の熊谷守一も素敵だったけど、新しい年に気分一新かな。
  1. 2013/01/15(Tue) 18:21:37 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

boumama さん

風貌から、芸術家というより、大会社の会長さんのようで、
東京芸大の学長さんの他にも、色々されていたみたいですね。
きっと、人当たりの良い方だったのでしょうね。

展覧会には、行ける時に行っているだけですよ。(^^)
昨年、先月、開催されていた、フェルメールには行きたかったのですが、
時間が取れず行き損ねました。(泣)
  1. 2013/01/15(Tue) 23:12:44 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

>独自の世界観を表現できる画家でした。

そうですね。
たくさんの絵の中にあっても、直ぐに、探し出せる画風ですよね。

>駱駝という、通常は受け入れにくい動物

そういえば、馬のモチーフはよく見ますが、駱駝は無いですよね?
  1. 2013/01/15(Tue) 23:22:50 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

おめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願い致します。m(__)m

>こちらでも開催されたらいいなぁ。

東京にお住まいですから、開催される事はあるのではないでしょうか?
他にも、良い、展覧会がたくさん開催されていて、とても羨ましく思っておりますよ。(^^)

棟方志功のカレンダーは、毎年、掛けること無く保管していて、
熊谷守一に変わる、今年用に平山郁夫があれば良かったのですが、
サイズが大きくて、断念致しました。(^^)
  1. 2013/01/15(Tue) 23:35:35 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/519-2f062170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)