陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



備前人形徳利 :: 2012/04/14(Sat)

今日は、珍品ですよー!

江戸中期頃から登場した備前人形徳利です。

↓は、江戸中期なのか、後期なのか、分かりませんが、
裏には、陶印ではなく、簡単なマークですから、
現代の個人窯ではなく、江戸時代の共同窯で焼かれた作品だと推察されます。


blog-t585.jpg


人形徳利は、胴を指で1か所か3か所、凹ませ、
布袋(ほてい)・大黒(だいこく)・恵比須(えびす)・寿老人(じゅろうじん)などの
福の神の像を貼り付けた縁起の良さで人気を博しました。


blog-t584.jpg


blog-t583.jpg


さて、この福の神様、寿老人ではない・・・事だけは、分かりますが、
何方なのか?はっきり分かりません。

皆さんは、分かりますか?


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
<<rakuの、その後 | top | 4月、突入>>


comment

あっ、この満面の笑顔から推察すると“恵比寿様”だと思われますがはてさてどなた様でしょうか?

この三箇所凹んだ徳利は実に持ちやすくていいですね。
熱燗にすると微妙に徳利の肌にお酒がついて滑りやすくなるものですがこの凹みがあると飲兵衛も安心なの プッ^m^

それにしても骨董のような珍品が良い状態で残ってましたね。
  1. 2012/04/14(Sat) 10:30:05 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

>“恵比寿様”だと思われますが

ですよねぇー?
私も恵比寿様が有力だと思うのですが・・・鯛でもお持ちだったら決まりなんですがねぇー!(^^)

確かに、凹みがあると持ちやすくなりますね。

骨董系は、父が好きで、又、商売も兼ねてちょこちょこ買っていたみたいです。
  1. 2012/04/14(Sat) 23:13:32 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

大国主命

あえて異を唱えて、大国主命というのはどうですか。髪型から想像してみました。
後から像を張り付けたから、へこんだのか、へこんだところが実用性もあり、味もあり定着したのか、このあたりも考えてみると面白いです。
  1. 2012/04/15(Sun) 00:03:51 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

しめ飾り

はいはい。お正月のしめ飾りです。神社と同じように年中飾るのではないでしょうか。さすがお伊勢さんの地元という感じです。
  1. 2012/04/15(Sun) 00:32:53 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

大国主命・・・そーきましたか!!!(^^)
確かに、髪型が似ているように見えますが、
両サイド、髪を結んで見えるのは、福耳です。
頭部が髪なのか、帽子なのか・・・は、はっきりしません。

凹ませている徳利は、多くみますので、
凹ませた後、福の神を付けたと思われます。
↑は、福の神はお一人ですが、
凹ませた全てにそれぞれの福の神が付いた徳利も作られています。

>さすがお伊勢さんの地元という感じです。

そーなんですね?
聞かないと、分かりませんね!(^^)
  1. 2012/04/15(Sun) 23:20:40 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/481-ac58f544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)