陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
『ルーシー・リー展』へ :: 2011/06/19(Sun)

毎日、雨、曇り、雨、雨・・・と、
週間天気予報も晴れマーク無し、梅雨らしいお天気が続いていますが、
皆様、如何お過ごしでしょうか?


blog-t393.jpg

先日、その雨を潜り抜け、
ルーシー・リー展』を見に、山口県立萩美術館へ行って参りました。


blog-t394.jpg

本、TV・・・など、ルーシー・リーの作品は、平面でしか見た事がなく、
今回、初めて、実際に作品を立体的に見られる・・・と言う事で、走行距離110㎞でしたが、
行って参りました。

ガラス越しでも、平面で見ていた印象より、
どの作品も素晴らしく・・・欲を言うと触りたかったですが???

見えなかった所も見えて、久しぶりに感動しました。 よかったぁー!

blog-t390.jpg

そして、帰りに図録を購入

20.5cm角で、厚さ3cm・・・見ごたえ十分、これからも見続ける本になることでしょう?

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 美術館・展示会巡り
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<ヒメヒオウギ、花と種? | top | 本のタイトルは、『器、手から手へ』>>


comment

大胆かつ繊細

シャープなフォルムの器ですが今までルーシー・リーの作品は知りませんでした。
素敵な作品を幾時代もこのように世界中の人に認められ素晴らしい!の、一言です。
  1. 2011/06/19(Sun) 10:43:40 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

審美眼

良い物をひたすら眺めること、それこそが審美眼を養う一番の早道とか。まあそのような感覚は、すでにお持ちですが、いっそう磨きがかかることでしょう。
  1. 2011/06/19(Sun) 17:56:17 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

ルーシー・リー、カッコイイでしょう?
でも、注目され始めたのは、最近で、始めの頃は、boumama さんの感想通り、
シャープ、シンプル過ぎて時代に合わなかったようです。
彼女の凄いところは、だったらと、売れそうな作品に走らず、
考えを変えず自分のフォルムを貫き通したところだと思います。

今では、作る人のお手本となり、
ルーシー・リーの形を模写した作品をよく見ます。
  1. 2011/06/19(Sun) 22:47:01 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

>まあそのような感覚は、すでにお持ちでが、

いえいえ、とんでもないです。
音楽の好きな方がコンサートに行くように、
私は、コー言うところが好きなようです。(^^)
今回も日本の美術館所蔵、外国の美術館所蔵、個人蔵・・・まで
一度にたくさんの作品が見られて幸せでした。(^^)
  1. 2011/06/19(Sun) 22:58:12 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

やっぱり写真で見るのと、現物を見るのとでは
存在感も迫力も、まったく違いますよね。
きっと走行距離110㎞の価値はあった事でしょう。

>・・・欲を言うと触りたかったですが???
よーくわかります、その気持ち。
私も展覧会などで、焼き物の作品を見る度に
手にとって、その触感を味わってみたいなーって思います。
ムリなのはわかっているけどね(笑)。

  1. 2011/06/22(Wed) 03:11:45 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

ルーシー・リー
実物をまだ見た事がありません。
不要な物を削ぎ落した造形。
ぜひ手に取ってみたいものです。
ルーシーと関わりの深い
ハンス・コパーの作品も興味があります。
二人に共通する孤独感[個人的感想です]が
とても惹き付けられます。
  1. 2011/06/22(Wed) 23:09:19 |
  2. URL |
  3. 独歩 #-
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

>きっと走行距離110㎞の価値はあった事でしょう。

ハイ、見に言って良かったです。(^^)
おっしゃる通り、実物は、迫力がありますね!
一応、手持ちの本にも、サイズなど書かれていますから、
大きさなどは分かっていましたが、
全く、別物で・・・大袈裟に言えば、
写真は、生のない物、実物は、生のある物でしたよ!(^^)

>手にとって、その触感を味わってみたいなーって思います。

おぉぉぉー、同意見です。(^^)
  1. 2011/06/22(Wed) 23:38:27 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

独歩さん

コメントありがとうございます。

独歩さんのブログ、お邪魔させて頂きました。
焼き物とガラスがお好きなのですね?

>実物をまだ見た事がありません。

何処にお住まいなのか、存じませんが、
見たおきたい、展覧会だと思いますよ!

私がしている焼き物は、備前焼なので、
どちらかと言うと、釉薬のルーシー・リーより、
造形のハンス・コパーの方が興味有りです。
2人ともユダヤ人と言う事で迫害を受け、
戦争も有り、辛い事ばかりだったでしょうから、
それが、『孤独感』 と、感じるのでしょうね?
  1. 2011/06/23(Thu) 00:02:15 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

miyukiさん おはようございます。

今日は梅雨一休みですね、強い日差しで外に出ると暑いです、台風も進路が心配です、逸れる事祈っています。

萩まで行かれたのですね、
シンプルなラインそれが優しく見え斬新にも見える作品ですね。

良い作品が沢山見られて良かったですね。
ますます腕が上がりますね。
  1. 2011/06/23(Thu) 09:37:55 |
  2. URL |
  3. 花LOVE #M8GTSKTg
  4. [ 編集 ]

花LOVEさん

今日は、暑かったですね!v-356

>萩まで行かれたのですね、

ハイ、しっかり計画を立ててではなく、
朝起きて、雨の降ってない日に行きましたので、出発が遅く、
目的のルーシー・リーは、見られましたが、後は素通りでちょっと勿体無かったなぁーと思っています。

>ますます腕が上がりますね。

いえいえ、とんでもないです。
今日も作りましたが、全く変わりませんよ!(笑)
  1. 2011/06/23(Thu) 22:54:26 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/433-4fda2ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。