陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



片口、色々・・・? :: 2010/09/22(Wed)

先日、Sさんの片口酒器をUP致しましたが、他の会員さんも作られています。
・・・と言う訳で、陶里宛、陶芸教室で流行るかもしれません。

で、今日は、我が家の片口をUPしますね!

blog-t150.jpg

先ずは、備前焼、森 千晃さんの作品です。(W8.5・H10)

石膏型で作られています。
石膏型だと聞いて簡単だと思われる方が多いのですが、
ロクロ物の倍以上、手間はかかります。
石膏型を作る為、オリジナルを1つ作らないといけない事も忘れてはいけません。

この作品も見るからに大変そうです。

blog-t149.jpg

次は、「桃林窯」吉田 求さんの作品です。(W9.5・H5.5)

手捻りの作品で、紐作りで作られています。
前ブログに、野花を活けた時の記事がありましたので、こちらをどうぞ 

blog-t148.jpg

次は、「陶房ふくなが」福永泰信さんの作品です。(W8・H7.5)

ロクロ挽きで、最後に、ロクロの回転より早く挽いて、大きなロクロ目を作られています。

blog-t147.jpg

最後に、漆器(W9.5・H7.5)
黒にしようか? 朱にしようか? 
悩んで、黒と朱、半分づつのにしました。

こーして、並べてみると片口も色々あって、楽しい素材ですね・・・?

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<創作料理 | top | 人も犬も・・・?>>


comment

生活の美

片口は元々の目的は計量したりとしたものですが、それから使い勝手のよさからそのまま器としても使うようになり色んな素材で作られるようになったのでしょうか。

と、ウチでも片口は何種類かある筈です。

こう眺めてもどれも好きなものばかりですので選ぶのに迷うほど・・プッ^m^ 
  1. 2010/09/22(Wed) 18:48:58 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

>そのまま器としても使うようになり色んな素材で作られるようになったのでしょうか。

どーなんでしょうか?
すみません・・・知識なしです。(^^)
備前焼に関しては、酒器として、多くの作家、窯元さんで作られる様になりました。
徳利と違って、中まで綺麗に洗える所と、
お値段が徳利よりかなり安価になるところも喜ばれているようです。

>ウチでも片口は何種類かある筈です。

ハイ、先日の義姉様からのプレゼントの片口が頭から離れません。(^^)

  1. 2010/09/22(Wed) 20:44:22 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

様々

片口の突き出ようも様々。嘴であったり、口をすぼめたり、舌をだしたり、逆さまの鼻だったりします。
最初の写真は、私からみると、歯車の一部に見えました。
  1. 2010/09/22(Wed) 21:59:34 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

どれも素敵で、どれかヒトツと言われても(言ってない?(^^ゞ)
迷っちゃいます
いろいろな形があって楽しいですね
  1. 2010/09/23(Thu) 09:04:50 |
  2. URL |
  3. chikupuku #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
私も片くち、好きです。
なんとなく形が決まらない時は、片口にしてしまいます^^
二番目の写真の片口にさした野花、きまっていましたね。
吉田求先生のブログも拝見してきました。
とても読み応えのある素敵なブログ、作品もまねてみたいものがいっぱい!
また良いことを教えてもらいました♪いつもありがとうございます。
  1. 2010/09/23(Thu) 15:02:53 |
  2. URL |
  3. popeye’mama #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

>私からみると、歯車の一部に見えました。

案外、そーかもしれませんよ?(^^)
物を作る人って何でも、それに結びつけたりします。
別の先生ですが、ドラエモンを見て、ドラエモンの頭の形の花入れを作られたり、
バッグを見て、バックの形の花入れを作られたりしてます。
又、先日のboumamaさんの椅子の他にも、ピーコックチェア・スワン・
ペリカン・エッグ・タン・ハート・コロナ・・・など
何を見ても椅子に見えたのでしょうね?(^^)
  1. 2010/09/23(Thu) 20:39:22 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

chikupukuさん

>いろいろな形があって楽しいですね

そうですね!(^^)
たまたまですが、同じ陶器でも違う手法で作っている片口でした。
漆器は、なんちゃって漆器なので安かったです。
後は出会いですよ?
和食器はなんでもそうですが、良いなぁーと思ったら、
買っておかないともう2度と出合えません。
chikupukuさんは、まだお若いので、これから出会えますよ?(^^)
  1. 2010/09/23(Thu) 20:52:12 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

popeye’mamaさん

ありがとうございます。
色々ご覧になられて、作りたくなったのではないでしょうか?

片口は、20cm程の鉢も、持っています。
ちょっと、おちょぼ口を付けてあげると、不思議と良く見えます。
>なんとなく形が決まらない時は、片口にしてしまいます^^
ハイ、口の形も色々ありますし、
付け方も、そのままだったり、少し凹ましたり、
胴を変形させたり・・・色々試してくださいませ。(^^)
  1. 2010/09/23(Thu) 21:04:41 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

まぁ~、どの器もお酒が美味しくいただけそうだこと♪
肴にあわせて酒器を選ぶのも、楽しいでしょうね。
……酒飲みの意見ですねぇ。
こんな素敵な酒器があるのにお酒を嗜まれないなんて
もったいない気もしますが
べつにお酒じゃなくてもいいんですもんね(笑)。
器は人それぞれの楽しみ方があるのですから。
  1. 2010/09/24(Fri) 17:57:52 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

そうですね!
始めの備前焼の片口は、品名、酒器ですから、
お酒を注ぐのに使ったらいいのですが、
もっぱら、麺つゆ入れになっています。(笑)
浅い片口は、小ねぎ入れです。

これから、涼しくなると日本酒の季節なのでしょうね?
呑む事の出来るcomichikoさんが羨ましいです。(^^)

  1. 2010/09/24(Fri) 20:51:13 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/375-29b764ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)