陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



備前、こがね虫香合 :: 2009/12/07(Mon)

今日は、備前焼窯元 小西陶古窯作 こがねですよぉー!

虫嫌いなので、本物のこがね虫をマジマジと見た事はありませんが、
いつも写実にリアルに作られる、小西陶古窯さんのこがね虫香合を見て、
逆に、本物のこがね虫を想像しています。

blog-p17.jpg

眼光鋭く・・・ちょっと、恐いです。

blog-p19.jpg

手足の細い部分は、1mmもありません。
どーやって、作られているのでしょうかねぇー???

blog-p20.jpg

上部、蓋を取って、
こがね虫の後、おしり側から撮ってみました。

葉っぱは、以前UP致しました、蛙香合と同じ、虫食い葉っぱになっています。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:15
<<一日陶芸体験教室、その2 | top | 2010年、スケジュール帳は?>>


comment

こんにちは^^

西陶古窯さんの作品は
本当に細かい部分でもリアルに
表現されていて驚きですね~@@
すごーーーい!

今度の寅の香合が楽しみです!
  1. 2009/12/07(Mon) 10:17:03 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

大金持ち

先ほどそよ風君の方に3億円が展示してあったので私も大金持ち気分です♪(泣)

いつもながら小西陶古窯さんの作品は緻密な出来映えに驚かされます。
  1. 2009/12/07(Mon) 11:28:18 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

手足

本当に細い手足、どうしたらうまく焼きあがるのか考えてしまいます。
  1. 2009/12/07(Mon) 17:21:35 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

薄雪草さん

本当に、いつもながら、良い仕事しています。(笑)

寅香合は、良いですよ!(^^)
予定では、そろそろ入荷すると思います。
ブログのコメント蘭が閉鎖されているので、
入り次第、メールにてお知らせしますね!(^^)
  1. 2009/12/07(Mon) 20:04:56 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

3億円、見て参りましたよ!(^^)
眩しかったぁー!(笑)
大金持ちは無理なので、小金持ちでも良いんですけどねぇー!(^^)

小西陶古窯さんは凄いでしょう!
同じ備前焼の窯元と名前が付いていても、
これほどの作品は他にはないです。
  1. 2009/12/07(Mon) 20:26:48 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

そうなんですよ?
葉っぱ部にベタ付けなら、何とかなりそうですが、
画像、2番目のこがね虫の右手、浮かせて付けて、
関節の角度も付けて・・・どーやっているのか?
本当に、お見事の一言です。(^^)
  1. 2009/12/07(Mon) 20:32:48 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

ほんとにこがねむしですね~
これで色が付いてたら間違うかも^^;
足もおしりもそっくり
miyukiさん、こがねむし綺麗で恐くないですよ~^^
  1. 2009/12/07(Mon) 20:57:10 |
  2. URL |
  3. ぽん母 #-
  4. [ 編集 ]

素敵ですねー!
私も虫は苦手だけど、この香合は好きだなぁ。
生き生きとして、生命力を感じます。
黄金虫っていうモチーフもいいな。
金蔵が立ちそうじゃないですか。
  1. 2009/12/07(Mon) 23:23:47 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

こんにちは

.凄~い 本物のコガネムシに間違いそう良く出来ていますね。

色も素敵です、寅の香合はどんな感じなのかな?


  1. 2009/12/08(Tue) 15:00:42 |
  2. URL |
  3. 花LOVE #M8GTSKTg
  4. [ 編集 ]

ぽん母さん

>miyukiさん、こがねむし綺麗で恐くないですよ~^^

いえいえ・・・恐いですよ!(笑)
ぽん母さんは、大丈夫なんですね!
ぽん兄さん(最近お見かけしませんが)に、鍛われたかもしれませんね?(^^)
おしりもそっくり・・・次回、飛んできたら、よーく観察してみます。(^^)
  1. 2009/12/08(Tue) 19:08:00 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

良いでしょう?
作られる小西陶古さんも、
縁起物など何かしらの理由があってモチーフに選ばれますので、
それを教えて頂くのも楽しいです。(^^)
黄金虫・・・虫と取ると、黄金ですものね!(^^)
金蔵、立ちそうです。(笑)
  1. 2009/12/08(Tue) 19:19:25 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

花LOVE さん

凄いでしょう?
色は、せっかくの黄金虫の細工が消えないように、
童仙房(備前焼の粘土より耐火度の高い粘土)で、覆って焼いているようです。
覆っている為、灰などは付きませんので、
細かい細工までバッチリ見る事が出来ます。(^^)
  1. 2009/12/08(Tue) 19:27:39 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

リアルすぎ!

コガネムシの化石?・・・蝉じゃあるまいし・・・でも抜けがらみたい?
・・・とにかく一瞬、本物かと思いました(^^ゞ

虫嫌いな方は触れないですね
でも黄金の虫・・・と思えば大丈夫かしら(笑)
  1. 2009/12/11(Fri) 16:37:33 |
  2. URL |
  3. chikupuku #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/12/11(Fri) 19:54:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

chikupukuさん

一応、黄金の虫で、縁起物のようです。(^^)
本当に本物そっくりでしょう・・・???

以前、又、違う作家さんですが、
父がお邪魔した時、工房にカニがあって、
「アレー、こんな所に、カニがおるぅー」と、言ったら、
その作家さんは、ニヤニヤ・・・何と、カニの置物だったそうです。
備前は、粘土の粒子が細かいのがありますので、
昔から細工物は盛んだったようです。
でも、現在は、手間が掛かりますので、手がける作家さんも減ってきています。
備前焼でもあまり見る事が出来ない作品だと言えます。(^^)
  1. 2009/12/11(Fri) 20:27:51 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/310-b650b2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)