陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



築窯、登り窯 :: 2009/10/27(Tue)

blog-p630.jpg

9月20日のブログで、ご報告致しましたが、
予定通り10月20日から、登り窯築窯へと突き進んでおります。

blog-p631.jpg

blog-p632.jpg

両側にレンガが積まれると、ちょっと狭い感じですが、
これで、棚板(45cm角)が3枚並びます。

blog-p633.jpg

岡山県備前市から、来て頂いている渡辺築炉工業所の方々です。
因みに、以前ありました登り窯も作って頂きました。

備前焼 作家、窯元の窯は、ほとんど作られている実績も有り、
又、先日も備前焼現人間国宝 伊勢崎 淳先生の登り窯(小さめの窯で上記とほぼ同じサイズ)を、
作ったばかりとの事・・・心強い築炉屋さんなのです。

この調子で、約1週間後には、完成だそうです。
楽しみです。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. お知らせ
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
<<マイクロミニシンニンギアと備前鉢 | top | 備前焼、栗香合>>


comment

おはようございます^^

おーーーーっ!
やっていますねー@@

お父様の拘りの登り窯
温度の管理が大変でしょうねー@@
でもこれが拘り!

完成を楽しみにしています^^

下世話なことですが
職人さんたちは泊り込みでしょうから
その経費も大変@@
  1. 2009/10/27(Tue) 08:26:47 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

情熱

登り窯着手されたのですね。
見ていてもワクワクして来そうですが1週間で完成とは!
私も薄雪草さん同様下世話な話ですがこれだけの窯を作るには相当な経費がかかりそうだと思います。

それだけお二人の情熱が感じられますが、ここから素晴らしい作品が次々生まれると思うと私まで感動してしまいます。
  1. 2009/10/27(Tue) 13:43:58 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

お城

中世のお城のミニチュア版を作っているような感じです。
レンガも特殊なものなのでしょう。

寝ずの番も大変でしょうが、何と言っても大量の作品を収められます。今から楽しみです。
  1. 2009/10/27(Tue) 17:28:58 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

あと一週間ですか、早いですね~
あの場所に新しい登り窯早く見てみたいです
これから素晴らしい作品が生まれる事でしょう、楽しみですね。

  1. 2009/10/27(Tue) 19:04:34 |
  2. URL |
  3. 花LOVE #M8GTSKTg
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

上記のサイズの窯で、約15日かかるそうです。
既に1週間経ちましたので、後約1週間ぐらいです。
経費は、今回、煙突は既にありますので、窯だけの経費+宿泊料です。
因みに、大体煙突1本100万円と言われています。

窯の完成は、現陶芸会員さんが一番喜んでいらっしゃると思います。(^^)
  1. 2009/10/27(Tue) 21:40:06 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

>レンガも特殊なものなのでしょう。

ハイ、レンガのサイズ、種類も多く使っています。
普通の赤レンガの他に耐火レンガ・・・又、それぞれに番号があって、
耐火のレベルがあるのかもしれません。
因みに耐火レンガは、普通の物に比べて重いです。

ハイ、少なくても1週間は焚く事になるでしょう?(^^)

  1. 2009/10/27(Tue) 21:50:09 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

花LOVE さん

ハイ、アノ場所に煙突に向かって作られています。
次回、お越しの時は、綺麗に窯が出来上がっていますね!(^^)
お楽しみに?(^^)
  1. 2009/10/27(Tue) 21:56:13 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

薄雪草さん

ハイ、備前から来て頂いていますので、泊り込み、
近くの格安旅館に泊まって頂いています。
北九州市にも、窯業屋さんはあるのですが、
同じ登り窯でも、微妙に考えの違いがあって、本家本元備前の
渡辺築炉工業所にお願いした次第です。
窯を作りながら、父とも、火の流れ、焚きやすさ、焼成、などの話が出来ますので、
安心して、お任せしています。(^^)

  1. 2009/10/27(Tue) 22:03:51 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
楽しみですね~、こちらまでワクワクします!
初窯の作品に左馬というのも初めて知りました。
作品がアップされるのが今から楽しみです。
まだちょっと気が早いですね…(^^)
1週間の寝ずの番はお父様と二人で交代でするのですか?
  1. 2009/10/29(Thu) 07:15:41 |
  2. URL |
  3. popeye`s mama #-
  4. [ 編集 ]

登り窯の実物を見たこともないので
築窯(って言うんですね)風景も興味深いです!

窯の出来上がり、そして作品をおさめる日が
待ち遠しいですね

  1. 2009/10/29(Thu) 18:27:10 |
  2. URL |
  3. chikupuku #-
  4. [ 編集 ]

popeye`s mamaさん

窯の方は、もう来週にも出来上がる予定ですが、
出来上がって、自然に乾燥するまでに約半年かかるそうで、
初窯は来年春になりそうです。(^^)

窯焚きは、とても二人では無理ですから、
後1、2人の方に手伝って頂いています。

popeye`s mamaさんの教室でも、
初窯の時には、「左馬」書かれたと思いますよ?(^^)
きっと、初窯の時は、陶芸をされていなかったのでしょう?
  1. 2009/10/29(Thu) 19:04:47 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

chikupukuさん

そうですね!
焼き物の産地、そして、薪を使う処でないと見ないですよね?(^^)
窯が出来上がった頃、又、UP致しますので、
よーく、御覧になられてくださいませ。e-466

↑にも書きましたが、
初窯は来春になりそうです。(^^)
  1. 2009/10/29(Thu) 19:23:01 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

凄い方に作って頂いてるんですね♪
ホント心強いですねっ
初めてみますがレンガを積み木みたいに
そして階段見たいに積むんですねっ

楽しみですねっ
白ばらも楽しみにしてます♪
  1. 2009/10/29(Thu) 23:16:32 |
  2. URL |
  3. 白ばらクイーン #-
  4. [ 編集 ]

白ばらクイーン さん

ありがとうございます。
ここまできたら、悔いのないように作って頂かないといけませんので、
遠いですけど、備前の築炉屋さんにお願いしました。
今日は、屋根部のレンガ積みで、どんどん窯が大きくなってきました。(^^)
  1. 2009/10/30(Fri) 20:47:54 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/300-c7c4f9ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)