陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
窯出し :: 2009/06/01(Mon)

blog-p447.jpg

昨日、日曜日は、窯出しでした。

上記の画像は、窯詰めが終わって写した時と、
同じアングルで写した窯内部です。

blog-p448.jpg

会員の皆さんが持って帰る前にちょっと、撮らせて頂きました。

作品に付いている、白い物は、藁と炭入れで入れた炭が燃えた物です。
他にも、灰など付着していますので、ペーパー掛けをして、
それらを綺麗に取り除き、水洗いをして完成になります。

今回、良い物もありましたが、
やはり窯の温度が足りなかったようで、
火ぶくれは、1つもない代わり、
生焼けの作品が多く、会員の皆さんには、ご迷惑をお掛け致しました。

前回の窯焚きと最高温度が20度ほど違うだけでしたが、
随分違う結果になりました。

生焼けの作品は、11月再び窯に入れて焼く事になります。

窯出しの後は、いつもの焼肉・・・これは、美味しかったです。 

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 窯詰め・窯焚き・窯出し
  2. | trackback:0
  3. | comment:18
<<嬉しい事、ふたつ・・・(^^) | top | ドクダミ草>>


comment

おはようございます。

お疲れさまでした\(^ー^)/
お~アルアル
凄い数ですね~(*o*)

20度違うだけで(*o*)
難しいですね~

生焼けを再度焼いたら
亀裂とか入らないのですか?
  1. 2009/06/01(Mon) 06:41:19 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした~
窯からだしたばっかりの作品 凄い状態ですねっ
今から磨いて綺麗になるんですね~
生焼けとかにもなるんですね~
11月に又・・・楽しみが少し先に又ですねっ
フクロウも来年のトラもいます・・・います❤
  1. 2009/06/01(Mon) 09:30:50 |
  2. URL |
  3. 白ばらクイーン #-
  4. [ 編集 ]

ついに

ついに完成しましたか。窯焚きは何十年やっても難しいと聞きますから、上々の結果ではないでしょうか。
作品の量の多さに驚きました。陶芸に取り組む方がたくさんおられるということでしょう。
  1. 2009/06/01(Mon) 12:02:10 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

生まれたて

こんな緊張する大変な時に撮影までしていただきよく分かりました。
このように何十年しても窯焚きは難しいのですね。

ハラハラドキドキしながら皆さん見守っていたのでしょうね。
緊張から解放されて焼肉はさぞ美味しかったことでしょうよ。ご苦労様でしたm(__)m
  1. 2009/06/01(Mon) 13:50:48 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

薄雪草さん

結果として、生焼けの作品がいつも以上にありましたが、
最悪、割れてはいませんので、
又、焼けば作品になります。(^^)

釉薬の焼き物の素焼き・本焼きに相当する行為で、
備前では、二度焼きと言っています。
このやり方で、有名な作家さん、安倍安人(あべ あんじん)がいらっしゃいますが、
二度焼きどころか、焼けば焼くほど良いと、
何度も焼いて、古備前風の作品を発表されています。(^^)

  1. 2009/06/01(Mon) 18:47:56 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

白ばらクイーン さん

凄い灰だらけでしょう・・・?
見慣れないと、この灰だらけの作品の内、どれが良いのか?悪いのか?
分かりずらいんですよ?(^^)

窯は御覧の通り大きくないのですが、
それでも、焚いている時は、窯内部で温度差があるようです。
11月は、しっかり、焚かないといけません。(^^)
  1. 2009/06/01(Mon) 18:57:03 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

今日から、自分達の作品のペーパー掛けでしたが、
1ヶづつ手入れをしてると、良い物も有、
まぁまぁの窯焚きだったようです。(^^)

内の陶芸教室に来られている方は、
皆さん長く来られます。
毎回違う、景色に一喜一憂・・・自分の作品が良い上がりだと、万々歳です。(^^)

  1. 2009/06/01(Mon) 19:10:57 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

そうですね!
厳密に言うと、毎回、焼く作品が違いますので、
窯詰めが変わります。
後、お天気、窯焚きに使う赤松の乾燥具合など、色々条件が変わるので、
毎回、同じにはならないのです。
おまけに、父は、「同じ焚き方は面白くない・・・」と、毎回少し変えます。
でも、それが良い結果になる事もあるし・・・なかなか、コレダァーとは言えないところが、
窯焚きなのかもしれません。(^^)

ハイ、焼肉は、美味しかったです。e-257

  1. 2009/06/01(Mon) 19:22:02 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

あの~

あの~。このブログのタイトルが陶里(宛)になっていますが、(苑)が正しいのですよね。

raku君の勇姿。6月3日に私のブログに登場予定です。
  1. 2009/06/01(Mon) 22:22:11 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~
お疲れ様でした^^
なかなか難しい様で大変ですね
あのとらが存在感あるー^^;
miyukiさん私はデジカメオートは使わないで
撮る物によって設定変えてます
花に近寄る時はマクロ、遠くからは緑とか
で半押しピントOKでパチリです
もっと綺麗に撮りたいですけど今はこれが精一杯かも^^;
  1. 2009/06/01(Mon) 23:39:22 |
  2. URL |
  3. ぽん母 #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

えぇぇぇーーー、ありがとうございます。e-466
皆さんのワンコ・ニャンコの絵を見ながら、いいなぁーと、思いながら、
まだ、そよ風君さんのブログにお邪魔するようになって、日が浅いので、
ブログのリンク蘭の位置が、真中辺りになった頃、
お願いしようか?どうしようか?と、思っていました。
本当に、嬉しいです。明日が楽しみです。(^^)

>陶里(宛)になっていますが、(苑)が正しいのですよね。

そうですよね・・・この場合、普通、苑のほうですよね!
実は、会社名を「とうりえん」と決めた後、
備前に「陶里苑」と言う旅館がある事が分かって、
全て変えれば良かったのですが、苑だけ宛にしたそうです。
なので、領収書など書いて頂く時は、先に、草冠の方ではなく、
う冠の方だと説明しないといけません。

  1. 2009/06/02(Tue) 18:40:41 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

ぽん母さん

>私はデジカメオートは使わないで 撮る物によって設定変えてます

やはりそうですよね・・・ぽん母さんに教えて頂いて、
最近は、マクロと連写機能は使っているのですが、
設定した後は、自動ですよね?

ぽん母さんは、写真は綺麗だし、良い瞬間を激写されますので、
これから、五つ子ちゃんの画像が楽しみです。(^^)

寅ちゃんは、3ヶ共、割れずに焼けました・・・よかったぁー(^^)
  1. 2009/06/02(Tue) 19:01:16 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

raku君

見て頂いたようです。喜んでもらえて、こちらも嬉しいです。
お気に入りの写真があればメールで送付下されば、もう1枚お描きすることもできます。
raku君には、いっぱい幸せをあげたいです。
コメント欄にメールアドレスを入れました。
  1. 2009/06/03(Wed) 11:06:38 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

窯出し、お疲れさまでした!
温度が20度違うだけで、生焼けになってしまうのですか。
温度管理はデリケートなものなのですね。
真夏と真冬では焚き方も随分違う事でしょう。
やはり経験が勘を磨いていくのでしょうね。
  1. 2009/06/03(Wed) 12:58:32 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

そよ風君さん

お気遣い頂き、本当にありがとうございます。
そして、皆さんの、コメントの嬉しい事・・・e-257

体だけは、もう16?と大きいのですが、
未だに、人見知りで、散歩中も人に会うと、
私の後ろに隠れる始末・・・徐々に慣れてくれたらと、思っています。
こんなrakuですが、これからも宜しくお願いします。

そして、お言葉に甘えて、
次回描いて頂く写真は、しっかり撮ってメールさせて頂きますね!(^^)

明日、今日お持ち帰りさせて頂いた画像を、
私のブログにUPしたいと思います。→皆さんに、見た頂きたいので・・・!(^^)

  1. 2009/06/03(Wed) 17:47:45 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

ありがとうございます。
生焼けは、全てではなくて、いつもより多く窯から出てきました。
前回の窯焚きとほど同じ感じで焚いて、
最終温度だけ20度低かったのですが、
アノ、小さな蛙も生蛙が何匹かあって、
たったこれだけの粘土も焼けないのぉーと、ちょっとビックリでした。e-350
真夏の窯焚きは、もー熱すぎて焚けません?
真冬は、窯が温まるまで、寒すぎて、これもちょっと???
なので、春と秋になります。(^^)
  1. 2009/06/03(Wed) 18:04:06 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

わ~~沢山焼いたのね
陶芸やっぱりいいですね~~といいつつ数年
どくだみは陶器がいいとステキですね
生焼けで又焼くんですね、その時にヒビなんてしないの?
皆さん楽しいでしょうね
  1. 2009/06/03(Wed) 23:31:44 |
  2. URL |
  3. natutubaki #-
  4. [ 編集 ]

natutubakiさん

>どくだみは陶器がいいとステキですね

ありがとうございます。
備前は、地味、素朴なので、
お花もコー言う草花が合うようです。(^^) 
アッ、木物も合います。(笑)

>生焼けで又焼くんですね、その時にヒビなんてしないの?

↑にも書きましたが、
釉薬物の焼き物で言ったら、
素焼きをした状態で、次が本焼きに当たる事になり、
二度焼きだから、割れると言う事は、ありません。

ハイ、もう会員の皆さんは、次の作品作りに入ります。(^^)
  1. 2009/06/04(Thu) 00:36:07 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/258-9292f493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。