陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
レオナール・フジタ展 :: 2009/04/20(Mon)

blog-p399.jpg

先日、福岡市美術館
レオナール・フジタ、藤田嗣治展に行って参りました。

2月22日から開催していましたが、
寒かったり、雨だったりで、延び延びになってしまいギリギリ間に合いました。

勿論、絵は素晴らしく、行けて良かったです。

blog-p400.jpg

>藤田 嗣治(ふじた つぐはる、Leonard FoujitaまたはFujita, 男性, 1886年11月27日 – 1968年1月29日)は東京都出身の画家・彫刻家。現在においても、フランスにおいて最も有名な日本人画家であり、明治以降の日本人芸術家で藤田嗣治ほどの成功を海外で収めたものは他にいない。猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びた。エコール・ド・パリ(パリ派)の代表的な画家である。

blog-p401.jpg

そして、右がご本人、藤田嗣治です。
オカッパ頭に、ロイド型の丸めがね・・・かなり目立つ風貌です。

もう、この顔と画風は忘れられませんね???

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 美術館・展示会巡り
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
<<白のフリージア | top | 白山吹&もみじ>>


comment

私も好きな画家は?と、聞かれたらきっと藤田 嗣治と、応えることでしょう。
この画家の描く猫や裸婦は憧れのまた憧れです。
京都時代には二人で展覧会に行ったのできっとどこかにパンフレットがあるはず・・・?。

余談ですが、彼は「日本人」を誇張するために?自分自身の身体の一部に刺青まで施したとか・・・イタッ!
  1. 2009/04/20(Mon) 14:40:38 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

私が初めて見たのは、TVで、磁器の肌のような、見た事の無い肌色、
乳白色が印象に残ったのですが、
今回、本物を見て、ビックリです。
細い細い輪郭線で、同じ調子で、描かれていました。 e-451

刺青の事は、存じませんでしたが、
その時代・・・日本では、認めて貰えなかったので、
そーされたのでしょうね・・・イタッ!

タイトルの猫は、
猫を描いた作品がお好きなんですか?(^^)
  1. 2009/04/20(Mon) 20:00:32 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

ちょうど1年前

藤田 嗣治の猫展を見にいきました!

その時は藤田 嗣治を知っていたわけでなく
ただ「猫展」と聞いてホクホクして出かけたのですが
彼の絵は、可愛いとはほど遠い凄みのある猫で
その迫力に圧倒された事を思い出しました

・・・本人もインパクトのある風貌ですね(^_^;)
  1. 2009/04/20(Mon) 20:14:04 |
  2. URL |
  3. chikupuku #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

本当に私は絵オンチでして.....
今まで展示会に行ったのは
竹久夢二のみです

ふーっ!
まったくねー
絵心ゼロです.....から.....
  1. 2009/04/20(Mon) 21:33:42 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

藤田 嗣治はパリでは大変な人気者で
モテモテさんだったと、聞いた事があるような?
このお顔は私の想像していたイケメンさんとは
少々違うけど、味わい深い個性です。
  1. 2009/04/20(Mon) 21:57:52 |
  2. URL |
  3. comichiko #0nbKh63U
  4. [ 編集 ]

chikupukuさん

そうですか? 御覧になられましたか?
私の解釈ですが、日本画の写実を洋画で表現しているので、
動物そのもの・・・chikupukuさんのおっしゃる通り、
可愛さとはほど遠い猫になっています。
でも、毛の一本一本、
丁寧にあくまでも写実に徹した猫ちゃんは凄いです。(^^)

このスタイル目立ちますよね!(^^)
  1. 2009/04/20(Mon) 22:43:00 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

薄雪草さん

私は、音楽オンチ、映画オンチですから・・・(笑)
皆さんのブログにお邪魔するようになって約2年、何とCD3枚増えました。
映画は、見るのに、2~3時間掛かるので、まだちょっと???です。

絵も焼き物も、時代背景、歴史が深く影響しています。
平和な豊かな時代は、画家・作家さんは良い作品が出来ますが、
戦争中は、自由も奪われますから、中々思い通りの作品は出来ません。
そー考えながら見ると、又、絵の見方も変わって、興味が出てくるかもですよ?(^^)

  1. 2009/04/20(Mon) 22:57:26 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

ハイ、パリで絵は売れていたので、
経済的にも、ゆとりがあったようです。
奥様は、別れたり、お亡くなりになったりで、5人の方と結婚されています。
裸婦画も多く描かれているのですが、
その中に、奥さんとその友達が描かれている作品があって・・・どー言う関係なんだろう・・・?と、思いますが、モテモテさんだったのでしょうね?
  1. 2009/04/20(Mon) 23:14:38 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~
名前は有名だよなぁ~っと思い・・
っで猫の絵で思い出しました^^;
変わった(私の中では)絵だったと・・・
猫も人間も表情がどことなく凄みがありましたよね
  1. 2009/04/20(Mon) 23:41:43 |
  2. URL |
  3. ぽん母 #-
  4. [ 編集 ]

西新

西新に住んでいた時期(4年)ありますから、美術館にも何度か行きました。
  1. 2009/04/21(Tue) 09:49:14 |
  2. URL |
  3. そよ風君 #-
  4. [ 編集 ]

ぽん母さん

そうですね!
変わった絵なので、すぐに藤田嗣治の作品だと分かります。
でも、それが大事・・・!
若い頃の模索中の作品は、まだ誰・・・?とは分からない作品でした。
  1. 2009/04/21(Tue) 19:18:13 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

そよ風君 さん

そうですか?
大濠公園内にあって、良い所です。(^^)
何時頃、お住まいだったか?分かりませんが、
平成17年には、九州国立博物館が太宰府に建ちました。
  1. 2009/04/21(Tue) 19:34:09 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/242-d9e25177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。