陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
自然練り込み窯変酒呑み :: 2009/01/09(Fri)

blog-p307.jpg

今日は、備前焼作家、横山直樹先生の、自然練り込み窯変酒呑みです。

以前、ブログで、自然練り込みの作品は、ご紹介致しましたが、
今回は、練り込みの粘土で、酒呑みを制作され、それを転がし、灰かぶりにした作品です。
普通、自然練り込みの作品は、練り込まれた土を愛でる作品ですので、
灰など付かない、ヒダスキにするのが一般的です。
それをあえて、灰かぶりにしています。

blog-p308.jpg

上から見た酒呑みです。

歪、沓形になっています。
ロクロ挽きだと回している内に、せっかくの粘土が交じり合ってしまいますから、
作り方は、自由に表現出来る手捻りとなります。
握るとピッタリ手にも収まり、いい感じです。

blog-p309.jpg

そして、転がしていた緋色の反対側です。

窯変ですので、赤松の熾き(灰)の中に埋もれて焼かれた作品ですが、
何とも、複雑な色・・・!
例えるなら、油絵の絵の具を何種類も重ね塗りした感じでしょうか?
焼いただけで、自然にこんな景色が生まれるんですね???

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
<<2009、最初の作品! | top | 刻染付花文馬上盃>>


comment

うわーーーっ!

なんともいえない景色ですねー(@_@)

この景色と手びねりがよかですねー!
炎と灰と練りこみでこんな風になるとは....
すごかーっ!
しぶい!
  1. 2009/01/09(Fri) 11:39:40 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい

どちらかというと男性的でワイルドですがこんな酒盃いいですね。
見惚れてしまうほどで使えば使うほど手に馴染んでくるようです。

とても好きな作品なので何回でも拍手したいほど♪
  1. 2009/01/09(Fri) 14:05:38 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

なんとも奥行きのある色ですねー。
まるで印象派の絵画の一部分を
切り取ったかのようです。
これは……、酒が美味いな!
  1. 2009/01/09(Fri) 19:54:12 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

年始のご挨拶が遅くなりました

今年もどうぞよろしくお願いします

こちらで紹介されている作品はどれも素敵で
奥深い味わい・・・
凄いなぁ・・・っていつも思います

私も今年初の猫皿(?の・・ようなものたち)が焼き上がりました(^^ゞ
近々ブログにのせますね~
あたたかい目で見守ってください(笑)
  1. 2009/01/09(Fri) 20:14:46 |
  2. URL |
  3. chikupuku #-
  4. [ 編集 ]

薄雪草さん

いいでしょう・・・!
窯焚きして、窯出しの日に、窯からこんなのが出てきたら、
もう、小躍りですよ。(^^)
  1. 2009/01/09(Fri) 21:14:23 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

ハイ、備前は、おっしゃる通り、男性的な焼き物ですよね!
使い込んでいくと、正面の抜け緋色が又、濃いくなっていきます。
呑み口は、正面を凹ませて、親指がすっぱり収まる作りなので、
1ヶ所だけです。(普通、山・谷を繰り返し、呑み口は、3ヶ所が一般的です)
  1. 2009/01/09(Fri) 21:23:27 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

きゃーーー、同じ印象です。
実は、私も、モネの睡蓮???と、見た瞬間思いました。

備前で頂く、お酒は美味しいそうですよ(^^)
で、これも本に書いていたお話ですが、
備前焼でも、どの焼き方の物(サンギリ・ヒダスキ・灰かぶり)が、
一番美味しくなるのか、実験したそうです。
結果、一番美味しかったのは、灰かぶり、だったそうですよ!
炭化している分、炭効果があるのでしょうね!?
因みに、私は、何を飲んでも何もわかりませんが(笑)
  1. 2009/01/09(Fri) 21:36:23 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

chikupukuさん

いえいえ、こちらこそ、宜しくお願い致します。m(__)m

備前焼の事は、普通の人より、少し知っているだです。
(お客様の中には、もっと詳しい方、収集歴,半世紀近いなんて方もいらっしゃいますので、そー言う方達の前では、タジタジですよ)
猫ちゃん達は、出来上がったのですね?
UP、楽しみです。(^^)

  1. 2009/01/09(Fri) 23:20:02 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

灰かぶりが一番、お酒が美味しくなる!
それはナイスな事を教えていただきました。
酒器は備前の灰かぶり。
友人にしったかぶりしよーっと♪
  1. 2009/01/12(Mon) 19:37:59 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

エェェェーー、そうですか?
こんな事でも情報になるんですね?? 嬉しいです。(^^)
よく竹炭など、炭を水に入れておくと水が美味しくなるとか、
炊飯器に入れてお米と一緒に焚くとご飯が美味しくなる・・・など、言いますよね?
同じ様に、灰かぶりも炭化しているからでしょうね?


  1. 2009/01/12(Mon) 22:03:50 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

一目惚れ❤  大好きですぅ♪
難しい事はわかりませんが色も形も・・・
三枚目のアップの色・・・なんとも言えません
  1. 2009/01/13(Tue) 22:58:56 |
  2. URL |
  3. 白ばらクイーン #-
  4. [ 編集 ]

白ばらクイーンさん

↑でも書きましたが、
自然練り込みの技法で、窯変物は珍しいです。
でも、焼くだけでこれだけ変化、
見所があって小さい作品ながら面白い作品だと思います。(^^)


  1. 2009/01/14(Wed) 20:20:54 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

"油絵の絵の具を何種類も重ね塗りした感じ""印象派の絵画の一部を切り取ったかのよう"・・・tourienさんとcomichikoさんの感性と表現に、なるほどと唸ってしまいました。
焼き物の目利きの才能はありませんが、tourienさんの記事や写真のおかげで、少しずつ備前焼きの知識が増えてきました。

この酒呑み、上からの景色、側面の景色と様々な表情があり、さぞ、お酒も美味しく進むことでしょうね。
  1. 2009/01/15(Thu) 00:25:11 |
  2. URL |
  3. piyodivo #-
  4. [ 編集 ]

piyodivoさん

ありがとうございます。
そー言って頂くと、ブログで備前焼をご紹介している私としては嬉しいです。(^^)
備前焼は、粘土・窯・燃料・・・又、作られる作家さんによっても、
表現が随分違いますし、焼けた景色によっても違ってきます。
馴れないと、備前焼全て同じように見えるようですが、
見慣れてくると、どれ1つ同じ物は無く、
1つの作品でも、見所が幾つも有、面白い焼き物です。
東京にお住まいですから、周りには、良い備前焼がたくさんあると思いますよ(^^)
  1. 2009/01/15(Thu) 22:03:54 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/207-48dce21c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。