陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



備前大壺と山帰来! :: 2008/12/05(Fri)

blog-p282.jpg

blog-p283.jpg

blog-p284.jpg


今日は、備前大壺と山帰来(サンキライ)です。

先日、仏様用のお花を買いに、近くの園芸店に行った際、
70cm足らずの山帰来が、3本300円で、ありましたので、一緒に購入・・・!
これを適当に、絡ませ、リースにして、壺の首飾りに見立てました。
直に、ドライになりますので、この状態で、来年春まで十分持ちます。

そして、備前大壺は父の作品です。
幅43cm、高さ46cmあり、形・大きさ・そして、胡麻(赤松の灰)の掛かり具合が、
丁度良かったので、自宅の方に置いています。→好みの問題ですよ(^^)
父の作品ですが、かなりのお気に入りです。

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
<<私の作品! | top | 窯出し!>>


comment

おはようございます!

おーーーっ!
野趣あふれる味のある挿し方^^

ざっくり活けてあるけど
このようにするのは難しいんですよ.....

山帰来と備前の織り成す
素朴な美
美しいですねー^^

くくくやしーっ!

  1. 2008/12/05(Fri) 08:51:09 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

備前大壺、本当にいい色ですね~。
下部にかけての静かなグラデーションも見事!
山帰来のリースで、おめでたい華やかさ。
素敵です♪
この大壺の中には、金貨がザクザク入ってるんですか?
  1. 2008/12/05(Fri) 14:43:39 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

置いているだけ!

薄雪草さん

ありがとうございます。
でも、これは、挿しているわけではなく、
長さ70cmの山帰来を、絡めてワッカにした物を、
壺の肩に置いているだけです。(^^)

ツルウメモドキなどでも、出来ますよ(^^)

  1. 2008/12/05(Fri) 18:10:45 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

金貨欲しい!

comichikoさん

はい、このまま、リボン、ベル、星・・・など付けるとクリスマスバージョンへ
南天、水引き、お正月飾り・・・など付けるとお正月バージョンになりますね?

>この大壺の中には、金貨がザクザク入ってるんですか?

だったら、言う事なしですが・・・最近活けてないので、
ホコリが積もっているかも・・・e-350

  1. 2008/12/05(Fri) 18:21:47 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

素敵ですね

薄雪草さんが早速お手本にするんだろうな~
と思いました^m^

↑ くくくやしーっ! ってコメントに(´゚艸゚)∴プッ
  1. 2008/12/05(Fri) 18:53:17 |
  2. URL |
  3. chikupuku #-
  4. [ 編集 ]

chikupukuさん

ありがとうございます。
手元に、お花が豊富にあるわけじゃないし、道具、技術もありませんので、
身近な物でチョコチョコと・・・がモットーです。(^^)

ブログ閉じられていますが、
薄雪草さんの山帰来も見たいですよね(^^)
  1. 2008/12/05(Fri) 21:39:19 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

ドッシリと

ドッシリとした備前大壺が大胆で迫力のある作品で素晴らしいですね。
この大壺の首の周りにサンキライがグルリとなんだか可愛い♪
まるで父親に甘えてる娘のtourienさんのチョッとした悪戯のようにも。

よく考えてみるとこのサンキライは生けにくいのですが、こんな生け方もあるんだなーと、サンプルのようにも。

因みに、サンキライの青い時分の葉っぱは、西の方では柏餅の柏の代わりに使いますね。
  1. 2008/12/06(Sat) 13:09:21 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

boumamaさん

今は、登り窯もありませんし、もう父も体力的に
これだけの壺は作れないし、又、この二つの条件が揃っても、
キズ1つなく焼ける事は、本当に難しいです。
物が大きい分、収縮率の差が激しいのでしょう・・・随分割れた壺が出てきました。
なので、大事にしている次第です。(^^)

山帰来は、この赤い実のまま、持ちますよ・・・おすすめです。

端午の節句の、柏餅に柏の葉っぱ代わりに使われるようですね!
因みに、私は、出来たものを頂くだけですが(^^)
  1. 2008/12/06(Sat) 22:02:51 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは~
和風の壺に和のリースもいいですね~^^
下の玉砂利がまた素敵ー
  1. 2008/12/07(Sun) 10:42:04 |
  2. URL |
  3. ぽん母 #-
  4. [ 編集 ]

ぽん母さん

ありがとうございます。
玉砂利は、父のアイディアです。
  1. 2008/12/07(Sun) 19:16:44 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

焼き物ってきっと、同じように作っても
色の出方や微妙な質感の違いで
ひとつひとつ違った表情の作品がうまれるみたい。
作家さんの計算の部分と、偶然による仕上がりで
こうして見事な器に焼きあがるんでしょうね。

  1. 2008/12/08(Mon) 13:02:55 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

そうですね!
特に備前は、火まかせ、窯まかせの部分が多い焼き物です。
薪を使うので、この時点で、電気・ガス窯のように計算は出来ません。
なので、私の少ない知識で、他の焼き物と比べると、
値幅が大きいようです。
作家さんも、焼きの良い物、珍しい物には、高値を付け、
そうでない物は、安価なのです。
ただ、窯に入れて焼いただけ備前焼ですが、
今だに飽きないですよ(^^)



  1. 2008/12/08(Mon) 21:01:48 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

大振りで、でも丸い器形が品があって、いい壷ですね。
ほんとにすてき。
玉石の上に置かれている様子もいいですよね。
ざっくりと大振りの枝物を挿してもよく合いそうですね。
  1. 2008/12/12(Fri) 23:59:44 |
  2. URL |
  3. 紫 #-
  4. [ 編集 ]

お父様の作品の備前の大壺に、tourienさんがリース風に飾られた山帰来、そして下に敷き詰められた小石・・・お見事です!

お家の一角にこんなコーナーがあるなんて、良いですねぇ。

まるで、風情のある旅館の一角か、美術館の作品のようです。
  1. 2008/12/13(Sat) 00:14:29 |
  2. URL |
  3. piyodivo #-
  4. [ 編集 ]

紫さん

目の肥えられている、紫さんに、そー言って頂くと、恐縮いたしますが、
私も一番のお気に入りです。
程よく、胡麻がかかり、紫蘇色の濃くて、耳の太さ・・・など
ちょうど良いバランスだと思っています。
玉石は、父のアイディアですが、掃除の時は、大変なんですよ(笑)

そうですね・・・お花だとたくさん必要でお金もかかりますので、
剪定した後、その枝の再利用ですね(^^)
綿の花もよかったですよ(^^)

  1. 2008/12/13(Sat) 01:13:54 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

piyodivo さん

ちょっと、オーバーな気も致しますが、
ありがとうございます。
小石は、父のアイディアで、床(フローリング)の上に直接置いていて、
掃除の時は大変です(笑)
上には、TVがあって、その並びに又備前焼を少し置いています。

山帰来は、この赤い実があまり色あせしないので、お勧めですよ(^^)
  1. 2008/12/13(Sat) 01:25:34 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/196-d72bf01f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)