陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
窯焚きの準備! :: 2008/11/08(Sat)

blog-p268.jpg

昨日、窯焚きで使う赤松の割り木が入荷いたしました。
全部で、500束です。
登り窯だったら、500束でも足りませんが、
今、使用している角窯は、灯油と併用で、赤松は、約200束使います。

blog-p269.jpg

そして、窯詰めの準備も着々と進んでおりますよぉー(^^)

上の画像は、ヒダスキをとる為、藁を巻き付けられた作品です。
曲線の作品にピッタリ、藁が密着するように、藁をよーく叩いて柔らかくした物を巻き付け、
これを、サヤ(灰が、掛からない様にした箱)に入れて、
焼くと、藁を巻いたところが、そのまま緋色の筋となってあらわれます。
これを、備前焼きでは、「ヒダスキ」と言います。

サヤに入る作品にも、限りがありますので、
会員さんの作品は、なるべく平均に入れるようにしていますが、
大きさにもよりますので、その点、どうぞご容赦を・・・

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 窯詰め・窯焚き・窯出し
  2. | trackback:0
  3. | comment:19
<<陶芸 明り取り! | top | そろそろ、窯詰めです!>>


comment

こんばんは!
赤松の割り木500束ですか?!
窯焚きには、これ程たくさんの割り木が必要なんですね。

ヒダスキの作品はよく見かけますが、窯詰めの時の写真は、初めて見ました。 こうして、藁を巻き付けるのですね。

会員さんの作品をなるべく均等に、窯入れしていくのも、大変な作業でしょうね。(120羽のフクロウさん達もいるのですものね!)
  1. 2008/11/08(Sat) 00:30:38 |
  2. URL |
  3. piyodivo #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます!

いよいよですね!
でもこれだけの準備をされるわけですね~(@_@)
これは大変(@_@)

炎と藁と灰などで作る芸術!
昔の人はこの技法を焼きながら蓄積したんですね(^O^)

ふ~っ…
  1. 2008/11/08(Sat) 09:01:48 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

こういう準備は皆さんでするんでしょうかね?
すごくわいわいやってそうなのをイメージしました^^
下の記事の大勢の招き猫とフクロウさんが
とっても可愛らしいなぁ~と思いました♪
完成するまで(してからもw)楽しみですね^^
  1. 2008/11/08(Sat) 12:30:39 |
  2. URL |
  3. ムタ嬢 #IUoEg7sw
  4. [ 編集 ]

火襷

あー、着々と準備が進んでいますね、楽しみだこと♪

こんなに大量の赤松が必要なのですか・・・。
会員さんも私たちもドキドキ・ワクワクする瞬間ですね。
  1. 2008/11/08(Sat) 12:30:52 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

説明不足!

piyodivoさん

すみませんm(__)m
ちょっと説明不足でした。
以前、使用していた登り窯だったら、800~1000束使っていましたが、
今は、角窯といって、規模が縮小されて、200束ぐらいです。
トラックに積めるだけ頂いた次第です。

ヒダスキの作り方・・・初めてだと言う事で、良かったです。
ブログにUPいた甲斐がありました(^^)

ハイ、皆さん、均等になるように気を付けています。

  1. 2008/11/08(Sat) 18:30:09 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

1000年前のまんま!

薄雪草さん

↑のも、書きましたが、
ちょっと、説明不足でした・・・反省?

ヒダスキに限らず、備前焼は、1000年前の仕方とあまり変わっていない
世界的にも珍しい焼き物のようです。
ヒダスキは、作品同士がくっ付かないように、藁を使った結果、
偶然の産物だそうです。(^^)

  1. 2008/11/08(Sat) 18:37:34 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

ムタ嬢さん

窯詰め窯焚きは、こちらでしています。
で、窯出しの時だけ、皆さん揃って、その時は、ワイワイやっていますよ(^^)
まだ、紹介しきれない作品(干支・河童・お地蔵様・雛人形・フクロウ・・・など)
があるのですが、私が、何分、モタモタ、ボチボチの更新なので仕方がありませんv-436

  1. 2008/11/08(Sat) 18:46:15 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

特に秋の窯は!

boumamaさん

↑にも書きましたが、
今の窯で使うのは、200束ぐらいです。

ハイ、皆さん、楽しみにされています。
特に秋の窯は、直ぐにお正月も来ますので、
ご家族、ご親戚の為に作品作りにも熱が入るようです(^^)

  1. 2008/11/08(Sat) 18:51:57 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/11/08(Sat) 22:18:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

うわ!
こうして見せていただくとすごい迫力ですね。
火襷のためのわらも面白い。
こういうの、なかなか見せていただく機会がないので
ありがとうございます。
  1. 2008/11/08(Sat) 22:48:45 |
  2. URL |
  3. 紫 #-
  4. [ 編集 ]

百聞は一見にしかず!

紫さん

そー言って頂くと、UPした甲斐がありました。
口で、藁を巻いてヒダスキになるんですよ・・・炭を入れてサンギリになるんですよ・・・牡丹餅は、童仙房(どうせんぼう)を置いた後なんですよ・・・など、言ってもなかなか分からないですよね?
やはり、「百聞は一見にしかず」ですね(^^)

  1. 2008/11/09(Sun) 00:25:04 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

またまたお邪魔します。

よそ様の窯詰めはめったに見れないので興味津々!

120羽のフクロウも火襷に?それはないですよね。

次の更新が楽しみです。    ナン
  1. 2008/11/09(Sun) 01:22:01 |
  2. URL |
  3. my_utuwa #MyJ0QW/M
  4. [ 編集 ]

いらっしゃいませm(__)m

my_utuwa ナンさん

はい、どうぞどうぞいらっしゃいませm(__)m

ナンさんの所も窯焚きみたいですね?
窯詰め、窯焚き、仕方が違うでしょうから、
ナンさんもご紹介くださいね?
頂いた、葉書に煙突がありましたので、薪も使うのでしょうね?

>120羽のフクロウも火襷に?それはないですよね。

ハイ、それはないです。
フクロウに赤の筋が付くより、サンギリの方が良いでしょう(^^)

  1. 2008/11/09(Sun) 18:18:33 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~
何か凄い事が始まるのはわかりますー
miyukiさん、頑張って下さいね~^0^
  1. 2008/11/09(Sun) 23:03:34 |
  2. URL |
  3. ぽん母 #-
  4. [ 編集 ]

こんなにたくさん

薪を使うんですね(・_・;)
どれくらい火をいれつづけるものなんでしょう?

陶芸・焼き物について全く不勉強なので
スケールの大きさに驚きました

カップに藁・・・まず写真だけ目に入ったとき
ラッピングかと思ってしまいました(^^ゞ
どんな風に模様が出るのか想像つきません
焼き上がりが楽しみですね!
  1. 2008/11/10(Mon) 11:01:33 |
  2. URL |
  3. chikupuku #-
  4. [ 編集 ]

すっごい!
こんなたくさんの割り木で焚かれるのですね。
確かにみなさんの作品、すべてあわせたら
相当な数になりますもんね。
作品に命の炎を吹き込む最後の工程、
きっと素晴らしい作品達が焼きあがる事でしょう。
作家さん陶工さんで太目の方がいないという言葉に
ちょっとグラグラきてます。
陶芸、やってみたいな~(笑)
  1. 2008/11/10(Mon) 16:52:16 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

オーバーですよ(笑)

ぽん母さん

いえいえ、そんなにオーバーな事でもないんですよ(^^)
年に2回、ちょっと働く感じです。
私と父の作品も入りますが、
ほとんど会員さんの作品なので、窯出しの時に笑顔が見られるように
頑張らないといけません!

  1. 2008/11/10(Mon) 17:30:02 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

予定ですが?

chikupuku さん

うちの窯で、5~6日ぐらいです。
バーナーは、最後まで使って、薪は、途中(400度ぐらい)からです。
最後に、サンギリを取る為、木炭を作品の上に置いていく作業(これが、熱い)
をして終わりです。
カップに藁は、藁が巻き付いているところは、
赤い筋になって、そうでない所は、白っぽくなる予定です。(^^)

  1. 2008/11/10(Mon) 18:03:01 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comichikoさん造?

comichikoさん

↑にも書きましたが、
使うのは、200束ぐらいです。
やはり、薪を使うと出来上がった作品に違いが出ますねぇ!

comichikoさんの陶芸作品見たいですね(^^)
そして、太めさんがいない職業として、
美容師さんもいないと思いませんか?

  1. 2008/11/10(Mon) 18:15:58 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/189-da3a43d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。