陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
浮世絵展 :: 2008/09/01(Mon)

blog-p219.jpg

先日、福岡市美術館
『ボストン美術館 浮世絵名品展』 ちと、長いですが、行って参りました。

159点の浮世絵、全てボストン美術館収蔵の物です。
何故、日本で、保管されてなかったのか・・・とも思いますが、
色々な時代背景があって、戦争、地震などにも遭わなくて綺麗に、保管されていたのですから、
アメリカへ渡って良かったかもしれませんね(^^)

浮世絵は、どれも色鮮やかで、初摺りの物も数点ありました。
その当時の、庶民相手に、皆に買って貰える様に
お手頃なお値段で、売られていたでしょうから、豪華・・・とは言えませんが、
その時代の流行を取り入れた、
簡素で、軽快、ユーモアもあって・・・何より日本独自の物です。
印象派の巨匠にも影響を与え、油絵の模写もされています。
ゴッホの『タンギー爺さん』なんて、モロですよね・・・なんだか、誇らしいではありませんか???

blog-p221.jpg

blog-p222.jpg

blog-p223.jpg

で、今回、購入致しましたのは、
クリアファイル(鳥居清長・歌川国芳・歌川国政・葛飾北斎)と、
久しぶりの図録です。

blog-p224.jpg

最後に、ちょっと、おまけ・・・♪
用があって郵便局に行った時の事、
待っていたら、フト、目に留まりました・・・浮世絵の切手です。
8月1日から、郵便局で、販売されていた物で、まだ販売されているかもしれませんよ(^^)

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 美術館・展示会巡り
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<まるで、別犬です! | top | ありがたぁーい お花!>>


comment

おはようございます!

行って来られましたかーっ!
私もこれは行きたいと思ってました!
この浮世絵シリーズの切手を見て
思い出しました
1960代にも浮世絵シリーズが出てました
私のコレクションにもあったと思います。
確認しよーっと!
  1. 2008/09/01(Mon) 08:26:44 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

一昨年、東京に若冲展に行って以来、長い間美術展に行ってないですね。
浮世絵は日本独自のもので、特に色使いが好きです。

切手気になるから覗いてみようかな。

これからのいい季節、美術展に意欲的に出掛けようっと♪
  1. 2008/09/01(Mon) 10:17:43 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

浮世絵の秀作の数々
アメリカに渡ってしまっているのは
ちょっと淋しいけど
おっしゃるようにそのお陰で
戦争や災害にあわなかったのはよかったかも。
でも伊藤若冲なんかもぜーんぶ
アメリカに行っちゃってて
なんだかなぁ。
そろそろ返してくれないかな~。
  1. 2008/09/01(Mon) 12:03:45 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

薄雪草さん

凄いですね!?
1960年代の切手ですか?
その頃は、誰が、又、どの絵が人気があったのでしょうね(^^)
因みに、今回の切手に登場しているのは、
歌川広重、喜多川歌麿、東洲斎写楽です♪



boumamaさん

東京の方が、はるかに良い企画の美術展があるので、羨ましいですが、
興味のある物、時間のある時・・・と、行ける時だけですよ(^^)
伊藤若冲・・・私も好きですよ!

切手あるといいですね!?



comichikoさん

その当時、古い物は、何でも軽視され、
ドル高(はっきりした事は、分かりませんが、1ドル、現在108円ぐらいが、360円以上でしょう・・・かなり安く買えたのだと思いますよ。それで、ごっそりアメリカに渡ったのでしょう!?)
でも、若冲を見出したのは、そのアメリカの人なんですよね!
気に入っているみたいなので、返してくれないでしょうね(^^)



  1. 2008/09/01(Mon) 18:14:10 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~
そうですね考え様によっては
色んな意味で海外に流出して
良かったのかもですね^^
家にも旦那さんが買った重ーい
浮世絵全集が本棚に並んでます・・・
またページを開けてみよっかな~

  1. 2008/09/01(Mon) 22:37:38 |
  2. URL |
  3. ぽん母 #-
  4. [ 編集 ]

ヨーロッパに日本の陶器が渡るとき、浮世絵は器が壊れないように包み紙にされて海を渡ったそうですね。
器を受け取った人が、クッションになっている包みを開けて、中の器と同じくらい浮世絵をみて心が躍った様子が想像できます。
本当にいいもの、みじかにあるとついつい見えなくなるんですね。
  1. 2008/09/01(Mon) 23:13:05 |
  2. URL |
  3. 紫 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
ご無沙汰しておりました。
色鮮やかな浮世絵の数々。その絵柄、その色使いは、改めてモダンだなぁと思います。
現在、世界各地でもてはやされている日本のアニメーション文化の原型でもあるのかしら・・・などと勝手に想像してしまいました。
クリアフォルダーのコレクションに素敵なお宝が仲間入りしましたね。
  1. 2008/09/01(Mon) 23:53:01 |
  2. URL |
  3. piyodivo #-
  4. [ 編集 ]

ぽん母さん

今日は、浮世絵全集御覧になられましたか?
一言で、浮世絵と、言っても、ジャンルは多いし、
絵師さんも、私などは、有名な方、少ししか知りませんが、
随分いらしゃるんですよね!?



紫さん

そうですね!
その当時、浮世絵は、古新聞、古雑誌扱いですからね!?
本当にいいもの・・・一番難しいです。
人が作った物を、色々こじつけて
人が評価するのですから・・・???

でも、江戸時代の活気を感じて、良かったですよ(^^)



piyodivoさん

絵を、見て勝手に想像する・・・それが楽しみの1つだと思いますよ(^^)
美術評論家でも、歴史研究家でもないのですから・・・!?
話は、ぶっ飛びますが、コーして書いたブログに関しても
色々な見方があって、面白いですよね(^^)

ハイ、クリアフォルダー着々と、貯まってます(笑)


  1. 2008/09/02(Tue) 22:43:00 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

そっかぁ、返してくれないかぁ。
そりゃーそうですよね~。

ところでtourienさん、こちらのブログ
リンクをさせていただいても
よろしいでしょうか?
ご検討よろしくお願いします♪
  1. 2008/09/03(Wed) 11:48:15 |
  2. URL |
  3. comichiko #FyqV3IL6
  4. [ 編集 ]

comichikoさん

ハイ、このジョウ・プライス氏、筋金入りの若冲ファンで、
自宅のバスルームは、若冲の『鳥獣花木図屏風』の図柄を
壁に、タイルで作られていますよ(^^)

そして、リンクの件
実は、私も、いつお願いしようかなぁーと、思っておりました。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

これから、comichikoさんのブログへ直行出来ます(^^)

  1. 2008/09/03(Wed) 20:04:26 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/163-e702a873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。