陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



想いかけず! :: 2008/07/31(Thu)

blog-p198.jpg

本日は、ヒオウギです。
いつもの、花入れに・・・とも思いましたが、
ちょっと、展示場に置いている、横山直樹作 自然練込ヒダスキの花器を拝借!!
活けますと(中に、剣山を置いて、挿しているだけです)
例えが、変ですが、お洋服と靴の色を、
オレンジに合わせたような・・・ウーン、結構似合っているかも・・・???

blog-p199.jpg

          作家名: 横山直樹
          作品名: 自然練込花器
          サイズ: W17.5 H16
          価 格: 25200円(税込み)(桐箱付)

同じ緋襷でも、この作品は、「自然練り込み」と言って
数種類の粘土を混ぜ合わせて制作する手法です。
その時、混ぜ合わせた粘土が、同じ比率で収縮しなければなりませんが、
この作品は、逆に収縮率の違う粘土を使用して表面に細かいひび割れを作り、
それが景色となっています。でも、このままでは水漏れします。
で、中をよく見ると一種類の粘土しか見当たりません。
多分一度、一種類の粘土で制作したのち、
自然練り込み用の粘土を張って制作されたようです。
想像しただけでも手間の掛かる作業です・・・形は、玉子を割った様な・・・とてもユニークです。

※ お客様から、価格を載せて欲しい・・・との事でしたので、
  私物で無いものは、価格表示致します。m(__)m

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:11
<<虫籠香合・・・! | top | お花、映えそうです!>>


comment

どうしちゃったんでしょう、私のPCからここの画像が見られなくなっちゃいました。
最近FC2は画像が「表示できないトラブル」を時々耳にするのでまた時間を改めてのぞいてみますね。
残念です・・・う゛~!
  1. 2008/07/31(Thu) 00:38:55 |
  2. URL |
  3. 紫 #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます!

おーーーーーーっ!

かっこいい!
自然の形だー
生命力を感じます!
すごーい!

器も変わっていていいですねー
備前ではよく用いられるのでしょうか?
自然練り込みのコーヒーカップと湯呑は
ありますか?



  1. 2008/07/31(Thu) 08:39:34 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

斬新とでもいうべき目新しい花入れですね。

いつものヒオウギがまるで違った印象を受けます。花入れはこのようにザックリ漉いた和紙のようでもあり・・・

別な花を横に這わせても楽しめそう♪
  1. 2008/07/31(Thu) 12:04:55 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

紫さん

百聞は一見にしかず・・・文章力ゼロですから、
やはり、画像を見て頂かねば・・・!!
 


薄雪草さん

いつも、ありがとうございます。

古備前では、自然練込は、見ないので、最近の作品だと思います。
初めて、みたのは、川端文男で、横山直樹は、その弟子になります。
で、川端文男は、収縮率の同じ粘土を使用して、上記の様な、ヒビは、なしです。

お問い合わせの件ですが、
コーヒーカップと湯呑みは、作られているかもしれませんが、
見た事はないです。
自然練込の花器は、そうでない花器と比べて、価格が、約1.5倍なります。
それだけ、手間が掛かるので、作る時間がないのかもしれませんね!!


boumamaさん

斬新でしょう!!
ここ数年、「モダン備前」と称して、この手の備前焼が受けているようです。

北大路魯山人が、「器は、料理の着物」と言われていますが、
それを、引用させて頂くと、花入れも花の着物・・・着る着物で、花も変わりますね!
でも、今回は、タイトル通り「想いかけず!」だったんですよ(^^)

  1. 2008/07/31(Thu) 23:00:53 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

どちらかでもあれば嬉しいです(^O^)

調べて戴けないでしょうかm(_ _)m
  1. 2008/07/31(Thu) 23:05:34 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

今夜はちゃんとヒオウギと、ころんと丸く優しい器を見ることができました。(^。^)
この器、色々と使い方を工夫できる余地を作家さんが残してくれてるようでいいですね。
  1. 2008/07/31(Thu) 23:43:53 |
  2. URL |
  3. 紫 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

薄雪草さん

ハイ、分かりました。
結果が、分かり次第ご連絡致します。
 


紫さん

見て頂いて、良かったです(^。^)
そうですね・・・日本には、「見立てる」なんて、言葉がありますので、
使い道は、色々ですね!!
今回、画像、上を正面に持ってきましたが、
下の、横を正面に持ってきても
面白いですよ!
 
  1. 2008/08/01(Fri) 19:14:35 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

自然練込ヒダスキ・・・。
肌合いも、オレンジ色の景色も、形も、とても斬新で、備前焼とはパッと見てわからなかったと思います。

この手法の他の作品も見てみたくなってしまいました。

スラリとしたヒオウギが、シャレた花器を身に付け、ポーズをとっているように見えます!
  1. 2008/08/02(Sat) 12:40:40 |
  2. URL |
  3. piyodivo #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

piyodivoさん

そうですね!!
備前が好きで、常にアンテナを張り巡らせておかないと、
普通の人は、分かりませんよ!
私も、逆に他の焼き物・・・かなり特徴がないと分かりませんもの(^^)
 
自然練込の作品は、8寸サイズの角皿があります。
今度、UPしますね!

ヒオウギが、ポーズをとっている・・・確かに、
葉っぱの扇で、身を隠している・・・???

  1. 2008/08/02(Sat) 20:55:20 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです^^

生けてあるものもやっぱり芸術だなぁって思うんですが、
何よりヒオウギの素晴らしい配色と立ち姿(笑)
やっぱり自然っていうのは究極の芸術なんですね。
色合いもキレイで明るくて好きな感じです^^
rakuちゃんも元気そうで嬉しいです♪
  1. 2008/08/02(Sat) 21:52:37 |
  2. URL |
  3. ムタ嬢 #IUoEg7sw
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです!

ムタ嬢さん

そうですか!
ヒオウギは、たくさん活けてみたいのですが、
プランターで、細々なので・・・これが一番大きかったのです(笑)

自然は、誰が見ても分かるし、永遠な物なので、
見ても、落ち着くのでしょう??
自然を題材に、色々な分野でも作品多いですから・・・!

rakuは、大きくなったでしょう(^^)

  1. 2008/08/03(Sun) 08:46:10 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/150-fe2438b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)