陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



気になる方は、是非! :: 2008/06/06(Fri)

blog-p152.jpg


書店には、時々ついでに・・・と言う乗りで寄っていますが
最近、購入した本が、面白かったのでご紹介致します。
著者は、日本を代表する工業デザイナー柳 宗理、何度かブログにも登場致しました、
柳 宗悦の御長男で、バタフライ・スツールをデザインした方です。
近頃は、百貨店でも、柳 宗理デザインのナベ、カトラリー、器、ボール、ザル・・・など
多く見られます。
本の内容は、デザインとは・・・?、手仕事と工業製品、生い立ち、民芸、好きの物・・・など、
読んで、なるほど・・・納得もありますし、
それは、個人の趣味趣向の問題だから・・・と思う所も勿論あります。
が、登場人物が凄いんです・・・お父様である柳 宗悦をはじめ、
濱田庄司、河井寛次郎、コルビュジエ、イームズ・・・などなど、
コー言う人達とのエピソードがたまりません。

書店に行かれた時は、ついでに御覧になられてください。
読み応え有です。(^^)

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
<<山アジサイにシマアシ! | top | 窯出しでした!>>


comment

おはようございます!

柳家は凄い人達を輩出されて
いる家系だから
ちょいと覗いてみまーす!

  1. 2008/06/06(Fri) 08:36:11 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

ソウリ

お父様の柳 宗悦は民芸運動のリーダーでもあり、柳家の人々も活躍されていますね。
この「用の美」という本をズッと探していた時期もあります。

私も柳 宗理のケトル・フライパン・片手鍋を使っていますがデザインといい使いかっての良さでブログで紹介したこともあります。

と、思ってたら野草の専門書を購入したら園芸家柳 宗民「野草ノオト」でしたので、柳一家にお世話になってるというわけです。

こんなお話が出来ることが限りなく嬉しいです♪
  1. 2008/06/06(Fri) 09:57:40 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

実は、この方は知らないのですが・・・(失礼)
この本自体にはすごく興味を持ちました。
エッセイはその人がかなり見える感じがするので、
読んでいてもスラスラ読めるし、
興味持てる部分も多いし大好きです^^
あたしも見つけたらちょこっと読んでみたいと思います。
  1. 2008/06/06(Fri) 16:48:46 |
  2. URL |
  3. ムタ嬢 #IUoEg7sw
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

薄雪草さん

ハイ、是非、御覧になられてください!
どっちかと言うと、濱田庄司の絵付けの仕方とか、
イームズのご自宅とか・・・の話の方が、興味津々でした。(^^)
 


boumamaさん

この本の存在をご存知だったんですね!
私は、本当にたまたまで、
ふらぁ・・・と立ち寄った書店にありました。
見ると、初版が2003年、これは、2006年発行になっています。
柳 宗民「野草ノオト」今度、書店に行ったら、探してます。
情報、ありがとうございます。
柳 宗理デザインの物お使いなんですね!
今から、お邪魔して、その記事読ませていただきますね(^^)
こちらこそ、良い情報が入って、嬉しいです!



ムタ嬢さん

ハイ、是非手に取ってください。
全ては、つながっているのです。
他の濱田庄司、河井寛次郎、コルビュジエ、イームズも、
それぞれの分野で凄い方達で、
ネットで、直ぐ検索出来ますので、御覧になってください(^^)


  1. 2008/06/06(Fri) 21:16:56 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

柳 宗理さん、こういう本をかかれてたんですね。
彼のデザインは普遍性がありますね。
スマートで機能的、しかもどこかあたたかい。

よい本を教えてくださってありがとう。
読んでみます。
  1. 2008/06/06(Fri) 23:10:02 |
  2. URL |
  3. 紫 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

紫さん

上記にも書きましたが、
2003年、88歳を迎えての刊行だったようです。
書店には、行っていたのに、5年間出会わなかった訳です。
本当に、お勧め本です(^^)

『普遍性』・・・永遠のテーマですよね!!


  1. 2008/06/07(Sat) 18:34:42 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/111-c5ae5d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)