陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
本日、火入れです! :: 2008/05/21(Wed)

blog-p161.jpg


窯詰めが終わり、本日、無事、火入れを致しました。

備前焼と、釉薬を使う焼き物の、違いは、その窯の焚き方です。
釉薬物は、素焼きをして、本焼きとなりますが、
備前焼は、本焼きのみ・・・その代り、長い時間焚き続けます。
陶里宛の上記の角窯でも、約5日間焚きます。
普通の登り窯で、7日~10日、長く焚かれる先生で2週間です。
又、窯の大きさでも、焚く日数は変わります。
現在、備前焼作家の中で、一番長く焚かれる先生は、
森 陶岳先生で、53メートルの穴窯を約50日掛けて焚かれます。
目安が、窯1メートルを1日かけるとの事・・・ここまで来ると別格ですね(^^)

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 窯詰め・窯焚き・窯出し
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<窯焚き、終了しました♪ | top | ヒメヒオウギ!>>


comment

目安が1m1日
凄い!
体力も要りますねー

火の管理は誰か
ずっとついているのですか?

さてさて
どんな風に焼きあがるか
楽しみです!
  1. 2008/05/21(Wed) 19:40:46 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんはー^^
専門的な事はわかりませんが
窯上がりの楽しみドキドキ感は
わかります。。
5日間手を抜けませんね
頑張って下さい!
  1. 2008/05/21(Wed) 21:55:27 |
  2. URL |
  3. ぽん母 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

薄雪草さん

53メートルでも、個人窯としては、世界最大級と言われているのですが、
現在、2010年焼成予定で、90メートル窯を作られています。
息子さん2人とお弟子さん3人、
そして、近所の作家さんは、アルバイトで、窯焚きに参加するそうです。
で、陶里宛は、父、私、そして、もう一人、3人、交代で焚きます。
初めの2日間は、灯油(バーナー)だけで、400度ちょっと、
その後3日間が、薪と併用なので、実質、窯に付いて、焚くのは、3日間です。


ぽん母さん

ハイ、会員の皆さんが楽しみにしていますので、
頑張ります。
今日は、窯を焚きながら食べる(アイス・ヨーグルト・チョコ・お菓子・カップヌードル・・・など)買って参りました。(笑)

  1. 2008/05/21(Wed) 22:43:12 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

さあ、いよいよですね。見てる私まで緊張する一瞬です。ドキドキ。
燃料は何を使うのか興味もありましたが、上↑のコメントレスでわかりました。

歌舞伎で観た、片岡仁左衛門演じる「名工柿右衛門」を思い出してしまいました。「できたぁ!できたぁ!」

体力も使い大変でしょうが、焼き上がりを楽しみにしてますよ♪
  1. 2008/05/22(Thu) 13:10:29 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

boumamaさん

燃料の薪は、赤松を使います。
広島と岡山の県境に、森林組合があって、そこから、赤松を調達しています。
赤松も、大割り、中割り、小割り、そして、長さも色々あります。

「柿右衛門」の歌舞伎・・・どー言った内容なんでしょうか??

  1. 2008/05/22(Thu) 20:30:33 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

母に、窯焚の大変さのことをよく話しに聞きましたが、5日間でも大変だと思うのに、50日かけられる方がいらっしゃるとはびっくりです。
備前焼の奥深さが伝わります。
  1. 2008/05/22(Thu) 22:41:56 |
  2. URL |
  3. piyodivo #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

piyodivoさん

森 陶岳先生は、結構TVでも紹介されていますが、興味がないと見ないですよね!!
現在、90メートル窯を作られていて、これは、90日かかるそうですよ。
幅も6メートルもあって、中を軽自動車で、走れるほどの大きさです。
窯の中は、作品で、一杯にしないと焚けないので、
その作品作り、又、その窯詰め・・・大変です。
先生も『僕の命があるかなぁー』なんて言われていましたが、
本当に、焚けるのか?
備前焼ファンは皆、興味心身です。
  1. 2008/05/23(Fri) 23:24:58 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

ほぅほぅ・・・という感じで読んでいましたが、
またしても全然わからない感じでした^^;
焼き物といっても完成が全て全然違うし、
つくる行程も全然違うものなのですね!
完成品が早くみたいです~ぅ。
  1. 2008/05/25(Sun) 15:47:04 |
  2. URL |
  3. ムタ嬢 #IUoEg7sw
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/05/25(Sun) 18:48:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

ムタ嬢さん

そうですね!
「焼き物」と、言っても種類、多いですから・・・(^^)
大きく分けると、薄雪草さんの所で見る、鍋島焼きは、磁器、原料は、石です。
そして、備前焼は、陶器、原料は、土になります。
それから、又、色々な焼き物に細かく枝分かれしていきます。
結構、奥深いですよ(^^)
  1. 2008/05/25(Sun) 21:39:25 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/107-f3c93c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。