陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
クレマチス、咲きました! :: 2008/05/12(Mon)

blog-p155.jpg


クレマチス、咲きました。

今まで、ずーと、上記の花は、『テッセン』 だと、思い込んでいましたが、
ブログのお友達 『ぽん母さん』 から、教えて頂きました。

ぽん母さんからの、コメントです。
>てっせんって私が教わったり本で載っている限りでは、
>1種類しか知りません
>花色はクリームがかかった白で芯に紫が入ります

・・・と、いう事で、クレマチスだったのです。
ぽん母さん、ありがとうございました。m(__)m

クレマチスを生けているのは、
備前焼作家、小西陶蔵先生(初代、小西陶古のお孫さんに当たります)の作品です。
こちらも、私の好きな先生です。
焼成と成形と・・・そのバランスが絶妙なのです。

ブログ、アップの為、久しぶりに箱から出しましたが、
モダンな作りと、登り窯の正統派、灰かぶりの作品、さすがです。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<只今、窯詰め中! | top | ヒメヒオウギ、咲きました!>>


comment

大胆なデザインの花器でこのクレマチスにピッタリ♪暫く見惚れています。

ブログのお蔭でこの作品も紹介されてきっと喜んでることでしょうよ。

私も同じように何年ぶりかに箪笥や押入れをゴソゴソすることも増えました。プッ^m^

この花の名前のことですが総称してクレマチスと呼ぶようですが・・・調べてるとこんなのがありましたので参考までに。


>一般的に、花びらが6枚のものは鉄線(テッセン)、8枚ものは風車(カザグルマ)と呼ばれているようですが、これも一概にそうとはいえないようです。7枚の花びらの花もありどう呼んだらいいのでしょう?金沢でも中央の写真の花の名前を聞いてみると8枚でも、「鉄線」(てっせん)と答えてくれます。何の本かは忘れましたが、ある程度の年配の方は大輪のクレマチスすべてを鉄線と呼ぶ方が多いと書いてありました。
また、「風車(かざぐるま)」は日本原種の花でその原種はめったに見られないようです。「鉄線(てっせん)」は中国原産。
「クレマチス」はこの2つ(テッセン・カザグルマ)を含めた総称なので、クレマチスと言えば間違いがありませんね。ただ、「クレマチス」といっても沢山の種類があるので、鉄線(てっせん)と呼んだほうが花のイメージがわかりやすいです。
  1. 2008/05/12(Mon) 15:04:19 |
  2. URL |
  3. boumama #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

私もクレマチスを活けてみたのですが
器と花の長さなどの
バランスが難しいですねー
ペロンと下を向くので
挫折......しました。

miyukiさんが活けられると
ピシッと決まるから不思議です!
負けずにぐわんばります!


小西陶古さんのお孫さんの作品
渋くてかっこいいですねー!



  1. 2008/05/12(Mon) 17:21:11 |
  2. URL |
  3. 薄雪草 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

boumamaさん

そうですね!!
月、8回前後の更新でも、ブログネタを探しています(笑)

boumamaさん、ご丁寧に、色々調べて頂き、ありがとうございます。m(__)m
ものすごく、参考になりました。
私は、つるが鉄線のように強い・・・から、鉄線と言う名前なんだ・・・と、
聞かされていました。
名前は、難しいですね!!
でも、コーやって、ブログをしているお蔭で、色々な事を、教えて頂けます。
そして、思います。何と、知らない事だらけなんだろうと・・・(-_-;)
今後共、よろしくお願いします。
  1. 2008/05/12(Mon) 19:31:56 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

薄雪草さん

この掛花入れは、32cmあります。
花は、一番最後の花(小さいので)を生けていますが、
理想は、もう少し小さい花の方が良かったでしょうね!!
いつも、お褒めの言葉を頂き、恐縮です。

陶蔵さん、カッコイイでしょう!!
お孫さんでも、1947年、生まれなので、今年61歳になられます。
備前焼の作家さんは、最近の若い方は、本名そのまま、作家名をしてますが、
数年前は、皆さん、本名とは、別の名前を名乗っていました。
その中で、『陶』と言う字を使う方が多く、
人間国宝の、金重陶陽、山本陶秀、他にも、陶岳、陶古、陶月・・・など
たくさん、いらっしゃいます。
で、陶蔵さん、これは、本名です。
産まれた時から、作家に・・・とご両親がつけられたのでしょう!!
ちょっと、ビックリしたのを覚えています。



  1. 2008/05/12(Mon) 20:01:12 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

ああ、備前にクレマチス・・・素敵ですね!
つる植物の中でも、大好きな花です。
でも、形良く活けるのって、難しそうですね!

生まれながらの陶芸家(?!)、陶蔵氏の掛花入れも、渋さの中に洗練された美しさがあると思いました。
お宝を沢山お持ちですね!!
  1. 2008/05/13(Tue) 00:42:09 |
  2. URL |
  3. piyodivo #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

piyodivoさん

皆さんから、褒めて頂いていますが、何の裏技もなく、
水切りだけして、挿しているだけなので、逆に、気恥ずかしいですね!!

>お宝を沢山お持ちですね!!

売り物なら、まだ、人間国宝、重要無形文化財保持者・・・などあるのですが、
今の所、私の持ち物なので、これ位です!!
その内、アップする物がなくなると、手を出すかも・・・です(笑)
  1. 2008/05/13(Tue) 20:44:00 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
鮮やかな紫のクレマチス、素敵ですね。
器との取り合わせもすごくいいと思います。
クレマチスは私も大好きな花で、かつて、母の日には必ずクレマチスの鉢植えを贈っていた時期がありました。

内緒ですけど(笑)、近々 古備前の壷が我が家にやってくるかもしれません。
日本橋の古美術店で見かけて一目ぼれしたのを取り置きお願い中です。
楽しみ、楽しみ♪
  1. 2008/05/14(Wed) 09:32:51 |
  2. URL |
  3. 紫 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

そう言えば、ここでも、紫ですね!!

>母の日には必ずクレマチスの鉢植えを贈っていた

と、言う事は、ご実家は、クレマチス、一杯で、綺麗でしょうね!!

そして、内緒話は、大好きですよ(笑)
古備前の壺、楽しみですね!
紫さんが、一目ぼれされたのだから、間違いなし・・・何だか私も、楽しみ、楽しみ♪
  1. 2008/05/14(Wed) 21:25:56 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~
深い紫で花器と一体化して決まってますね~
コメントまで載せて戴いちゃって・・
私もまだ勉強を始めて日が浅いですから^^;
Monさんのコメントにもありましたように
テッセンは中国原産の原種、カザグルマは日本原産
のクレマチスです。花弁の枚数は関係なく肥料や
栽培条件で変わるので(八重咲きも)素人は
花の名前を自分で調べるのは至難の技ですね
クレマチスはイギリスで改良が始まりました。
日本原産のカザグルマが向こうに渡ってから
大輪系の写真の様な花が出て来ました。
それまでは小輪ばかりだったそうです。
これが毎回日本のクレマチスの第一人者の
金子先生が力説されるテッセンはクレマチスの品種の
一種ですと仰られる事です。
あまり細かい事と思い言いませんでしたが
ちょうどMonさんのお話がありましたので
ご参考までに・・
  1. 2008/05/15(Thu) 22:46:56 |
  2. URL |
  3. ぽん母 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

ぽん母さん

コメント、引用させて頂いた方が、
分かりやすいかなぁーと思いまして・・・!
すみませんm(__)m

よく、お勉強されていますね!!
今日は、クレマチスが、イギリスで改良が始まったとは・・・!!
『ヘェー』です!!
何でも、奥が深いですね!



  1. 2008/05/16(Fri) 18:00:27 |
  2. URL |
  3. tourien #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tourien.blog73.fc2.com/tb.php/104-ce921b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。