陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



陶芸、会員さん・私の作品 :: 2016/10/30(Sun)

10月も、もう終わり、
いよいよ、窯詰め・窯焚きの時期がやってきました。

今年もいつも通り、棚に整理された作品をまとめて撮ろうか?と、思いましたが、
時間を掛けた、力作が多いので、その一部を一点づつアップ致しました。


blog-m32.jpg
blog-m27.jpg


Tさん
来年の干支、酉の置物です。
特に、上の作品は、ニワトリの羽の一部を、一枚づつ張り付けられています。
線書きでは、表現出来ない立体的になっていて、焼き上がるのが楽しみです。


blog-m31.jpg


Naさん
手付き鉢・・・こちらも、一度、丸鉢を作った後、
底の一部を切り取り、貼り合わせて作っています。お正月、お節料理が合いそうです。


blog-m24.jpg


Aさん
花入れ・・・縦長小壺をロクロ挽き後、手で、大体の形に成形、
そして、左右、真中の円に、粘土を足して、馴染ませました。モダン備前になりました。


blog-m26.jpg


Nさんと、そのお孫さん
作りながら、Nさんと、お孫さん、きっと会話も弾んだ事でしょう?
良い思い出の作品になりますね。


blog-m28.jpg


Yさん
手捻り・タタラ作りでの作品、花器です。
底の陶板の上に、3段積み上げ、全てを接続しました。個性的な花器になりました。


blog-m25.jpg


Dさん
二重になった透かしの花入れと、6面体の花入れです。
大きく開けた透かしで、中の花入れが、はっきり見えます。
6面体の花入れは、凹凸に面取りし、こちらも一目で6面体だと分かるように作られました。


blog-m29.jpg
blog-m30.jpg


私の今年の作品です。




そして、ちょっと、おまけ


blog-m33.jpg


私の作品に、ホトトギスを活けてみました。
『秋』を、感じますね。

ではでは、これから約1ヶ月、体調管理怠りなく、窯詰め窯焚きがんばります。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:3