陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



500円で、ミニシクラメン4鉢 :: 2009/11/29(Sun)

blog-p12.jpg

突然ですが、
皆様、上記、ミニシクラメン4鉢・・・おいくらだと思われますか?

何と、たったの500円だったんですよぉー!!!

実は、先日、久しぶりに近所の園芸店に行ったのですが、
中に入って、びっくり、ほとんど何もなし・・・???
固まっていると、「今日で終わりなんですよ・・・」と、声を掛けられました。

帰ろうとしたのですが、閉店と言う事は、安いかも・・・?と、引き返し、
見渡して、ミニシクラメンが目に留まり、値段を聞くと1鉢150円、
残っている鉢から、お店の方に選んで頂き、3鉢買う事にしました。

私がまだ欲しそうにしてると、1鉢プレゼントしてくださって、合計4鉢に、
お支払いの時、450円ですね・・・と、言われたのですが、
丁度500円玉があったので、500円で買ってきた次第です。

お蔭で、部屋は明るくなりましたが、
近所の園芸店は閉店になり・・・只今、ちょっと寂しい思いをしているところです。

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 季節の花
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
野いちごを備前花器へ :: 2009/11/25(Wed)

blog-p9.jpg

今日は、野いちごです。

去年も野いちごを、いつもの徳利に活けて登場させていますので、
今年は、台付き花器に活けてみました。

blog-p11.jpg

ちょっと、上から

blog-p10.jpg

花器は、父の作品(W13・H26.5)です。
上の丸壺と下の台部を別々に作って、合わせた作品です。

花器だけ見ると、
胡麻(赤松の灰)がタップリ掛かっている左側の方が良い景色ですが、
今回、野いちごの赤い実が引き立つよう景色の地味な右側を正面に致しました。

景色が違うと、
活けるお花によって2面使えますから、お得で便利でしょう・・・?

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
一日体験陶芸教室? :: 2009/11/21(Sat)

先日、ブログのリンク先でもあり、セントポーリアのお師匠さんでもある、
花LOVE日記の花LOVEさんと、そのお嬢様が、工房へ、遊びに来られました。

blog-p7.jpg

で、その目的は・・・?

陶芸体験です。
来られる前に、ロクロ体験は、粘土が飛び散って服が汚れますので、
汚れても大丈夫な服装でお願いしますね・・・と、だけ伝えておきました。

すると・・・花LOVEさんは、アームカバーを付けて、
お嬢様は、割烹着にエプロン、長靴持参・・・もう、やる気満々でお越しになりました。

やる気があると、こちらも嬉しくなります。

blog-p6.jpg

そして、
花LOVEさんとお嬢様、仲良く5ヶづつ、合計10ヶ作られました。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
会員さん&私の作品 :: 2009/11/17(Tue)

今日は、会員さんと私の作品です。

blog-p1.jpg

先ずは、明り取り

丸く透かしを施している所は、少し掘り下げてからの作業です。
手間は掛かりますが、焼き上がると透かしが一層映えます。
組み紐も粘土で細工をして作られました。

昼間、明かりを灯さなくてこのまま置いても十分良さそうです。

blog-p2.jpg

続いて、焼酎サーバー

備前の花入れは、水が痛みにくいので、花持ちが良い・・・と随分書いていますが、
お酒、ビール、コーヒー、水・・・などは、美味しくなります。
最近は、焼酎流行りで、備前でも焼酎サーバーを作っているところが増えてきました。

今回、蓋にカエルを2匹付けて、可愛いサーバーになりました。

blog-p3.jpg

続いて、雛人形

女の子のお孫ちゃんの為、男性の会員さんの作品です。
愛嬌のあるお顔が可愛いですね!

blog-p4.jpg

そして、私の作品

酒呑みより大きめ、湯呑みより小さめ・・・の作品に、デカデカ・・・と、
『左馬』を書き込みました。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:20
備前 All of BIZEN :: 2009/11/13(Fri)

blog-p646.jpg

先日、上記の本【備前 All of BIZEN】を買いました。

阿部出版から発行されている、焼き物全般の季刊誌 『炎芸術』 に、
これまで、掲載された備前焼特集、及び関連記事を再編集された内容になっています。

新旧の作家さん、又、その作品・・・など、
写真も豊富で、読み応え有り・・・久々の当たり本でした。

blog-p647.jpg

【第1章】 備前焼を築いた巨匠たち

blog-p648.jpg

【第2章】 備前焼のリーダーたち

blog-p649.jpg

【第3章】 備前焼を支える作家たち

blog-p650.jpg

【第4章】 備前焼を知る


本屋さんに行かれた時に、どうぞ手に取って御覧になられてくださいませ。
写真は、綺麗だし、解説も分かれやすく書かれていますよ!

因みに、本の表紙を飾っているのは、
初代、人間国宝 金重陶陽作 水指です。

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
お散歩日和 :: 2009/11/08(Sun)

blog-p642.jpg

秋晴れですね!

暑くも無く、寒くも無く、raku(飼っている犬)との、お散歩には丁度良いお天気です。

blog-p644.jpg

今では、散歩コースもたくさんあるのですが、
この日は、近くの池を通りました。
お天気が良く、水面に綺麗に景色が映っていました。

blog-p645.jpg

そして、散歩中に見つけました。

稲刈りの終わった田んぼに、隼人瓜で書かれた文字・・・???
不思議です。

blog-p643.jpg

尻尾フリフリのraku・・・
楽しそうにしているのを見ているのが好きです。

 『rakuちゃん・・・何か、あったとぉー?いい匂い、するぅー?』 

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ワンちゃんの事
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
築窯、登り窯 その2 :: 2009/11/04(Wed)

登り窯を造り始めて、今日で14日目、後1日で完成です。

築炉屋さんがおっしゃるには、基本、作り方は昔のままだと言う事ですが、
あまり見る事もないだろう・・・と思いますので、
今日は、登り窯、築窯の模様を画像でご紹介致します。

blog-p637.jpg

壁になるレンガを積み上げると、
次ぎは、天井、屋根作りです。

先ずは、竹でドーム形に天井作り、綺麗に竹を並べて縛っていきます。

blog-p638.jpg

その上に、ムシロを敷き詰め、ムシロの上に土を重ねます。

blog-p639.jpg

その上に、1ヶ重さ3キロの耐火レンガを並べていくのですが、
落下を防ぐ為、窯の両サイド、内部、前部と、補強をしての作業です。

blog-p640.jpg

天井が固まると、上記の竹・ムシロ・土は全て窯の外に出し、
窯に土壁を施していきます。

blog-p641.jpg

窯の両サイド、3ヶ所に鉄柱を立て、ほぼ完成です。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. お知らせ
  2. | trackback:0
  3. | comment:14