陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
お多福紫陽花 :: 2009/06/29(Mon)

blog-p472.jpg

今日は、お多福紫陽花です。

植木鉢、二鉢で育てているのですが、今年は、合わせて6本花が咲きました。
剪定も兼ねて、パチリ・・・そして、花入れの中へ・・・!
これで結構長く、楽しめます。

blog-p478.jpg

blog-p479.jpg

そして、花入れは、父の作品(幅17.5・奥行き13・高さ17.5)です。

ロクロ挽きの後、上記の形に成形しています。
少し、胡麻も降りかかっていますが、サンギリと言う景色になりますね!(^^)

スポンサーサイト

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:19
ブログの御縁で♪ :: 2009/06/25(Thu)

blog-p469.jpg

先日、ブログのご縁でお付き合いをさせて頂いています薄雪草さんと、
薄雪草さんの、セントポーリアの御師匠さん、花LOVEさんが遊びに来てくださいました。

LOVEさんの、ブログには何度かお邪魔した事はあったのですが、
実際にお会いするのは、今回初めて・・・でも、すっかり打ち解けて話しに加わっていると、

何と・・・??? 本当だったら、
薄雪草さん宅へ行く予定だった上記のキリタ タミアナ(草丈10cm)と言う名前の花を
私が頂く事になったのです。

花LOVEさんありがとうございました。m(__)m
そして、薄雪草さん、横取りしてしまってすみません。m(__)m

blog-p470.jpg

上からの画像・・・綺麗に放射線状に広がって、花も葉っぱも咲いています。
私に、これを保つ事が出来るでしょうか?

blog-p471.jpg

見れば見るほど、変った、可愛い花ですね!

上手くいくと、年3回花が咲くそうですが、3回と言わず1回でも良いので、
ダメにしないように育てる事が、出来れば良いなぁーと思っています。

テーマ:花と生活 - ジャンル:趣味・実用

  1. 季節の花
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
大皿に関アジを! :: 2009/06/22(Mon)

blog-p462.jpg

じゃじゃーん!
立派な関アジでしょう?

先日、釣りをされる陶芸の会員さんが、
大分で、関アジを釣ったからと、わざわざ持って来てくださいました。
そして、一言・・・
「ブログネタにどうぞ」との事でしたので、早速・・・!!!
ダブルでありがとうございます。

持って来てくださった時、上記の関アジを見て、
口は二つしかないのに、どーしよう・・・・?と、思いましたが、
獲れたて新鮮・・・そんな心配無用、二人でぺロリ・・・美味しいといくらでも入りますね!
教えて頂いた通り、刺身にして、残りを少し甘めに炊いて食べ尽くしましたよぉー!
ご馳走様でした。

blog-p467.jpg

関アジを撮ろう・・・と、まな板の上に置いたのですが、
ちょっとせっかくの関アジが美味しそうに撮れませんので、
父の作品を拝借!(W広い所で38、狭い所で36・H7.3)

これは、いつも窯出しの時、皆で、焼肉などをする時に、
食材を乗せるのに使っている大皿です。

blog-p468.jpg

そして、引っくり返し、裏を見ると、下、上、右、左で『平成元年』とあります。
21年前の作品です。

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:13
水彩画になったraku :: 2009/06/18(Thu)

blog-p466.jpg



rakuが、

blog-p463.jpg



コーなりました。

blog-p465.jpg



そして、こちらのrakuも

blog-p464.jpg



コーなりました。

絵になると、可愛さ倍増です。→これも飼い主だけの感情・・・どうぞおゆるしを?(^^)
実は、先日、ブログのお友達 日々是好日のそよ風君さんが、
rakuを水彩画に描いてくださった時、

>お気に入りの写真があればメールで送付下されば、もう1枚お描きすることもできます。

と、コメントを頂き、ド厚かましくも、どちらか描きやすい方を・・・で、メールをしたところ、
ご好意で2枚共、水彩画にしてくださったのです。

そして、これまたご好意で原画、オリジナルを郵送してくださったとの事、
それが今日、到着予定・・・もうメチャクチャ楽しみです。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. ワンちゃんの事
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
備前蛙香合 :: 2009/06/15(Mon)

今日は、2度目の登場、備前焼窯元 小西陶古窯作 蛙香合です。

梅雨入りして・・・と、言っても、ここ福岡は梅雨入りしてお天気は良いのですが、
この季節にピッタリな・・・蛙香合出してみました。

蛙の細工は、勿論素晴らしいのですが、
葉っぱは、虫食いになっています。
よーく御覧くださいませ。カエルさん(笑顔)

blog-p458.jpg

右から

blog-p459.jpg

左から

blog-p460.jpg

真上から

blog-p461.jpg

そして、蓋を取って・・・
今にも蛙の鳴き声が聞こえてきそうですね?

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:13
東京土産 :: 2009/06/11(Thu)

今日は、先日、父が、東京にいる親戚の所へ遊びに行った時に、
買ってきました手摺木版画の浮世絵です。


blog-p454.jpg

blog-p455.jpg

blog-p456.jpg

   ◆葛飾北斎

blog-p457.jpg

   ◆鳥居清長                       ◆歌川国芳


302×241mmの台紙に、
195×131mmのお馴染みの浮世絵です。
(紙のサイズが今で言うA4・A5ではありませんよねぇー?掘る木版のサイズなのか?
手摺をする時に使う道具のサイズなのか?何か意味があるのかもしれませんね?)

大胆で、繊細で、ポップ・・・浮世絵、やっぱり良いなぁー!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
ホタルブクロ :: 2009/06/07(Sun)

blog-p450.jpg

今日は、ホタルブクロです。

いつも正面からの画像ですが、今日は、花の咲き方が分かるように、
少し斜めから・・・面白い咲き方ですね?

花入れは、父の作品、瓢形花入れです。(W11.2 H22.8)

blog-p453.jpg

同じ花入れですが、左右、全く違う景色です。

胡麻とサンギリ、備前焼きの特徴を2つ兼ね備えた花入れで、
360度・・・活けるお花によって正面を変えられますね?

今日は、咲いている花も多く、色も明るめなので、
胡麻の渋い方を前にして活けました。

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
嬉しい事、ふたつ・・・(^^) :: 2009/06/04(Thu)

blog-p438.jpg

最近、raku(飼っている犬)は、散歩中、時々後を振り向き、

blog-p439.jpg

私がいる事確認して、

blog-p440.jpg

またテクテク歩きます。

うれしい事、それはご心配をお掛けしましたが、rakuが元気になった事です。

そしてもう1つ、うれしい事、
何と、ブログのお友達 日々是好日のそよ風君さん
(そよ風君さんのブログでは、他にもワンコ・ニャンコ、風景画、植物画の水彩画が見られます。)が、
rakuを水彩画にしてくださったのです。ヤッター 

どーですか?
本物よりカッコイイrakuに惚れ惚れでしょう?→飼い主ですから、これぐらいは書かせてくださいね?

blog-p451.jpg

なるほど・・・
rakuは、胸・背中・尻尾が黒毛でした。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ワンちゃんの事
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
窯出し :: 2009/06/01(Mon)

blog-p447.jpg

昨日、日曜日は、窯出しでした。

上記の画像は、窯詰めが終わって写した時と、
同じアングルで写した窯内部です。

blog-p448.jpg

会員の皆さんが持って帰る前にちょっと、撮らせて頂きました。

作品に付いている、白い物は、藁と炭入れで入れた炭が燃えた物です。
他にも、灰など付着していますので、ペーパー掛けをして、
それらを綺麗に取り除き、水洗いをして完成になります。

今回、良い物もありましたが、
やはり窯の温度が足りなかったようで、
火ぶくれは、1つもない代わり、
生焼けの作品が多く、会員の皆さんには、ご迷惑をお掛け致しました。

前回の窯焚きと最高温度が20度ほど違うだけでしたが、
随分違う結果になりました。

生焼けの作品は、11月再び窯に入れて焼く事になります。

窯出しの後は、いつもの焼肉・・・これは、美味しかったです。 

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 窯詰め・窯焚き・窯出し
  2. | trackback:0
  3. | comment:18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。