fc2ブログ

陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



自然練り込み、マグ&お湯呑み :: 2009/01/16(Fri)

blog-p314.jpg

今日は、前々回のブログ記事と同じ備前焼作家、横山直樹先生の作品です。

窯変酒呑みと同じ練り込み粘土で、酒呑みの方は、転がして灰かぶりに、
そして、上記は、サヤ(灰が付かない為のケースみたいな物)に入れて、
ヒダスキに・・また、このヒダスキは、線での表現ではなく、面の表現になっています。

実は、上記のマグとお湯呑みは、半年前、同じく横山直樹先生の花器をご紹介した時、
ブログでもお世話になっております、
薄雪草さんから、花器と同じ感じの、マグとお湯呑が欲しいとのお問い合わせがありました。

何度か、横山先生のご自宅に行った事はあるのですが、
今まで、マグもお湯呑みも見た事など無く、
まして、自然練り込みは、無いのでは・・・と、思いつつ電話をしました。

私: 自然練り込みのマグとお湯呑み・・・ありますか?
先生: 無いですよ
私: そうですよねぇ・・・(グズグズ、モジモジ)
先生: アッ、でも、作ればあるか・・・!
私: エェェェー、ホントですか?
先生: 年末のなりますよ?
私: ハイ、大丈夫です。
先生: 形・サイズとか何かありますか?
私: いえ、全て先生にお任せします。ガンガン先生の個性出しちゃってください。
先生: (笑)

で、送られてきたのが上記のマグとお湯呑みだったのです。
キャーーー、カッコイイと、思った次第です。

そして、先日、薄雪草さんも気に入ってくださり、無事お持ち帰りになられました。

今頃は、コーヒーにお茶に、活躍している頃だと思います。(^^)

スポンサーサイト



テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:26