陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
雪、でもお散歩♪ :: 2009/01/28(Wed)

blog-p319.jpg

先日、お越しになられたお客様から、
「最近、ブログにrakuが出らんねぇ・・・?」 と、言われたので、
今日は、rakuの登場です。

ここ北九州でも、24・25日は、雪が降りました。

降ってくる雪に向かって飛び跳ねたり、
雪を食べてみたり・・・面白い反応を見せてくれます。

blog-p320.jpg

そして、相変わらず、おやつが食べたくなると、自ら、おすわりをします。

blog-p321.jpg

ちょっと、近すぎ・・・(^^)

スポンサーサイト

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. ワンちゃんの事
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
よく食べ、よく喋る? :: 2009/01/24(Sat)

blog-p315.jpg

最近ブログネタもないので、今日は女友達と、ランチに行った時の事です。!

場所は、門司にあります、「ひろとわがみ」さん
お料理を出してくださるのは、全て女性です。
お料理が美味しい事は当たり前ですが、ここで使われている器が大好きなのです。

その日も、オーナーさんと、
(私は、ひろさんと呼んでいます。ひろさんは、私の事を、藤山ちゃんと呼びます。)
器談義で、
(うちで買ってくださった作家物など、食器棚に入っている器・ガラス器を次々に取り出して)
ワイワイ盛り上りました。

blog-p316.jpg

上記は、李朝青磁を、目指されているという作家さんの八寸皿です。
始めの画像、角の小鉢も同じ作家さんの作品です。

blog-p317.jpg

お寿司は、今まで行った中では、(あまり、行った事はありません。)
全て小さめ・・・一口で入ります。
他にも色々にぎってくださって、全部で13貫だったでしょうか???

後は、お吸い物・黒豆ジュース・コーヒー・手作りお菓子・・・でした。

blog-p318.jpg

そして、今度は小倉に向かって車で10分、妹さんのお店 「インテリア・カフェ てん」へ、
ここでは、私は、生ジュースを頂きました。

それにしても、たくさん食べて、たくさん喋りましたぁーーー!(^^)

テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
日本水仙 :: 2009/01/20(Tue)

blog-p310.jpg

今日は、日本水仙です。

スーとして、凛として、好きな花の1つです。
花が、次々に開花して、上では、陣地争いが・・・???
普通、ちょっと込んでくると、花を間引いたりしますが、
せっかく咲いてくれていますので、私はこのままで・・・ 

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 季節の花
  2. | trackback:0
  3. | comment:13
自然練り込み、マグ&お湯呑み :: 2009/01/16(Fri)

blog-p314.jpg

今日は、前々回のブログ記事と同じ備前焼作家、横山直樹先生の作品です。

窯変酒呑みと同じ練り込み粘土で、酒呑みの方は、転がして灰かぶりに、
そして、上記は、サヤ(灰が付かない為のケースみたいな物)に入れて、
ヒダスキに・・また、このヒダスキは、線での表現ではなく、面の表現になっています。

実は、上記のマグとお湯呑みは、半年前、同じく横山直樹先生の花器をご紹介した時、
ブログでもお世話になっております、
薄雪草さんから、花器と同じ感じの、マグとお湯呑が欲しいとのお問い合わせがありました。

何度か、横山先生のご自宅に行った事はあるのですが、
今まで、マグもお湯呑みも見た事など無く、
まして、自然練り込みは、無いのでは・・・と、思いつつ電話をしました。

私: 自然練り込みのマグとお湯呑み・・・ありますか?
先生: 無いですよ
私: そうですよねぇ・・・(グズグズ、モジモジ)
先生: アッ、でも、作ればあるか・・・!
私: エェェェー、ホントですか?
先生: 年末のなりますよ?
私: ハイ、大丈夫です。
先生: 形・サイズとか何かありますか?
私: いえ、全て先生にお任せします。ガンガン先生の個性出しちゃってください。
先生: (笑)

で、送られてきたのが上記のマグとお湯呑みだったのです。
キャーーー、カッコイイと、思った次第です。

そして、先日、薄雪草さんも気に入ってくださり、無事お持ち帰りになられました。

今頃は、コーヒーにお茶に、活躍している頃だと思います。(^^)

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:26
2009、最初の作品! :: 2009/01/13(Tue)

blog-p311.jpg

blog-p312.jpg

blog-p313.jpg

会員さんお二方の作品、
今年、最初に出来上がった作品です。

皆さん始めの頃は、作品が出来上がってから、
何になるのか・・・考えられていましたが、
今は、計画通り、形もサイズも思っている物が、
形になるようになりましたねぇ

春の窯焚きまで、又、どんな作品が生まれるのか・・・楽しみです。(^^)

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:13
自然練り込み窯変酒呑み :: 2009/01/09(Fri)

blog-p307.jpg

今日は、備前焼作家、横山直樹先生の、自然練り込み窯変酒呑みです。

以前、ブログで、自然練り込みの作品は、ご紹介致しましたが、
今回は、練り込みの粘土で、酒呑みを制作され、それを転がし、灰かぶりにした作品です。
普通、自然練り込みの作品は、練り込まれた土を愛でる作品ですので、
灰など付かない、ヒダスキにするのが一般的です。
それをあえて、灰かぶりにしています。

blog-p308.jpg

上から見た酒呑みです。

歪、沓形になっています。
ロクロ挽きだと回している内に、せっかくの粘土が交じり合ってしまいますから、
作り方は、自由に表現出来る手捻りとなります。
握るとピッタリ手にも収まり、いい感じです。

blog-p309.jpg

そして、転がしていた緋色の反対側です。

窯変ですので、赤松の熾き(灰)の中に埋もれて焼かれた作品ですが、
何とも、複雑な色・・・!
例えるなら、油絵の絵の具を何種類も重ね塗りした感じでしょうか?
焼いただけで、自然にこんな景色が生まれるんですね???

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
刻染付花文馬上盃 :: 2009/01/05(Mon)

blog-p306.jpg

先日、妹から(妹は、酒屋さんへ嫁いています。)
「これなら、飲めるよ・・・?」と、上記、完熟マンゴー梅酒を渡されました。

早速、夕飯前、父が一口、「アッ、コレは良い・・・」と、
言って間も無く、頭を両手で、抱え「ウゥゥゥーー」
そして、又、一口、「いー良いぞーコレ・・・」「ウゥゥゥーー」

そして、私も一口、アッ、ジュース、ジュース・・・と思っていると、「ウゥゥゥーー」
やはり、それは、梅ですね(^^)

blog-p305.jpg

で、コー言う、お酒類を頂く時に使っているのが、上記、馬上盃、
これは、福岡県田川郡方城町「 豊前吉右衛門窯 」の物です。

丁度永末 吉右衛門さんのHPがございましたので、
ご興味を持たれた方は、御覧になられてくださいませm(__)m

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:18
干支、丑の置物 :: 2009/01/01(Thu)

blog-p304.jpg

皆様
あけまして、おめでとうございますm(__)m

画像は、備前焼窯元、小西陶古窯の作品、今年の干支、丑の置物です。
今年の干支、丑さんと去年の干支、子さん・・・目線を合わせ、何を話しているのやら・・・?
子: アレもコレも、頼んだわよ・・・くどくど・・・くどくど
丑: モー、分かったから・・・モー
 
でしょうか?

今年も、どうぞ宜しくお願い致します

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。