陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



ツワブキの花! :: 2008/10/31(Fri)

blog-p264.jpg

今日は、ツワブキの花です。

自生植物にしては、花の大きさ、黄色の鮮やかさなど、綺麗な花です。
raku(飼っている犬)の散歩中、1本採ってきました。(笑)

花入れは、いつもの備前焼の徳利です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

  1. 季節の花
  2. | trackback:0
  3. | comment:15
手作りアイスクリーム :: 2008/10/28(Tue)

blog-p259.jpg

今日は、ちょっと季節外れですが、手作りアイスクリームです。

実は、以前お客様の所へ遊びに行った時の事、
奥様のお友達の息子さんが、アイスクリーム屋さんを始められて、
「美味しいから・・・」と、頂いたのが、このアイスクリーム・・・!
イヤーホント美味しかったのです。
素材その物の味・・・そして、後口は、サッパリなんですよ!

で、売っている場所を、お聞きして、何度か行ったのですが
お休みだったりで、この度やっと買えた次第です。(笑)

blog-p260.jpg

ラベルも、オリジナルで、それぞれのフレーバーにちなんだイラストが描かれています。
これが、どれも可愛いのです。

そして、雪文(ユキモン)さんのHPがあるかなぁーと検索致しましたが、
あいにく、作られていないようで、なかったのですが、
私と同じ、ブログにされている方がいらっしゃいましたので、
住所など詳しくはそちらを御覧くださいませm(__)m

テーマ:アイスクリーム - ジャンル:グルメ

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
ミミズク香合! :: 2008/10/24(Fri)

blog-p256.jpg

blog-p257.jpg

blog-p258.jpg

今日は、備前焼窯元、小西陶古窯のミミズク香合です。(W5・H5.8)
いつもながら丁寧な作品ですねぇ!
ヘラの深さ、強弱で、羽などを表現されて、
特に、顔の部分は、目・口ばし・羽など、深くヘラを入れています。

最近、raku(飼っている犬の名前)の影響で、
TVも動物系を見るようになりました。
因みに、一番好きなのは、金曜日のポチたまです。

先日、TVで、ミミズクとフクロウの見極め方は・・・?と、言うのがありましたが、
皆さんは、しっかり答えられますか?
答えは、耳の様に見える羽が付いたのが『ミミズク』 無しが、『フクロウ』 です。

備前焼は、絵付けをしないので、頭が寂しいのか?
耳付きのミミズクが、置物・香合共に多いようです。(^^)

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
中国茶器! :: 2008/10/20(Mon)

blog-p254.jpg

今日は、前記事の宝瓶に次いで、中国茶用の急須、茶壺(ちゃこ)(W8 H7)です。
以前、台湾旅行の折、購入致しました。
胴の膨らみ、注ぎ口、取って、蓋のツマミ・・・本当に綺麗な姿をしています。

blog-p255.jpg

上記は、その時一緒に購入致しました、
茶盤(ちゃばん)茶通(ちゃつう)茶海(ちゃかい)です。

お湯呑も頂こう・・・と見ていたのですが、オーナーさんの話しでは、
私が、頂こう・・・と見ていたものは、日本、佐賀県有田で作って貰っているとの事・・・
買う気マンマンだった私ですが、
それを聞いて、スーと引いちゃいまして、結局何も買いませんでした。
丁度、中国観光客さんが、電気屋さんで、MADE IN CHINA は、買わない心境と同じです。

でも、形が中国茶用になっていた訳だから、
今にして思えば買っておくべきでしたねぇー???

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
手びねり宝瓶! :: 2008/10/16(Thu)

blog-p243.jpg

     作 者 : 小西陶古窯
     サイズ : 宝瓶(W10 H9) 湯さまし(W9.5 H5.2) 湯呑み(W6 H4.5)
     価 格 : 53000円  

いつも熱いお茶ばかりですが、たまには、温めの玉露をゆっくり味わいたいですね?
・・・と言う事で、今日は、備前焼窯元 小西陶古窯の作品 煎茶器セットです。
宝瓶、湯さまし、お湯呑み、全て手びねりの作品です。

手びねりは、文字通り、指先で粘土の塊を少しづつ伸ばしながら形にしていく技法で、
胴には、手びねりの跡、指紋が「どうだ・・・!」とばかりに残されています。
綺麗に並んだ指の跡が綺麗です。

blog-p244.jpg

blog-p245.jpg

そして、宝瓶の蓋に施された体長2cmの達磨・・・睨みを利かせて
細かく細工されていますし、筆は、陶器で硬いのに、柔らかい感じが出ていて、
本当に凄いんですよね(^^)

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
どちらも、徳利? :: 2008/10/12(Sun)

blog-p249.jpg

今日は、会員さんお二方の作品、どちらも徳利です。

blog-p250.jpg

先ずは、こちらの会員さん、お友達から、お酒が2合入る徳利と、
それに合う酒呑みを頼まれて作られました。

blog-p251.jpg

そして、こちらの会員さん、お友達から、焼酎が、1升入る徳利を頼まれて作られました。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
タタラ作りで、角皿! :: 2008/10/09(Thu)

blog-p252.jpg

blog-p253.jpg

今日は、先日リクエストを頂きました。
私の作品、16?角のお皿です。(^^)

作り方は、タタラ作りですが、(粘土の塊を叩いて広げ、厚みの同じ木を、粘土を真中に両側に置いて、糸をピンと張らして、木の上を移動させると、木の厚みと粘土の厚みが同じになります。それを好きな形にカットして成形していく方法です。)
このままだと、全て同じ厚さになりますので、
仕上げは、ロクロで、縁に行くほど薄くなる様、削りました。

形は、御覧の通り、四隅を上げただけの、フラットな角皿で、
タレ・ソースなどがある物は、使えない・・・逆に言えば、使用範囲の狭い贅沢なお皿です。

で、そのフラット面が良いと、福岡市博多区網場町にある、
お寿司屋さん「鮨 しゅ籐」さんで、お使い頂いております。(美味しい物が、お手頃価格で楽しめますよ♪)
綺麗なお鮨が、置かれたこの角皿・・・自画自賛ですが、カッコイイのです

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、私の作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:18
ホトトギスと斑入りカボス! :: 2008/10/06(Mon)

blog-p247.jpg

今日は、ようやく一輪咲きました、ホトトギスにミズヒキを合わせました。
虫食いの葉っぱが、秋の雰囲気出していますよねぇ

blog-p248.jpg

そして、今日は、おまけ・・・!
会員さんから、珍しい斑入りのカボスを頂きました。
ご自宅で、育てているそうで、香りを楽しんだ後は、
普通のカボスと同じ様に使えるようです。 
「これ、な~んだぁ?」と、聞かれて、
「小さいスイカ・・・?いや、葉っぱがみかん系ですね?」と、答えたのですが、
色々品種が出ているんですね! 
因みに、カボスを置いた備前焼の角皿は、私の作品です(^^)

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

  1. 季節の花
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
今、ハマッテます! :: 2008/10/02(Thu)

blog-p240.jpg

最近のrakuです。
体重も1ヶ月で、2kg増の、15kgとなりました。
まだ、生後8ヶ月・・・一体どれくらい大きくなるのでしょう???

お散歩にも、慣れてきて、そろそろ行く頃だと分かるのでしょう?
催促のそぶりを見せるようになりました。
で、リードを握ると、100メートルぐらいを、全力疾走いたします。
最近は、放すと直ぐに走るのを止めて、振り向き 「早くぅー」と、言いたげな表情を見せ、
待ってくれるのですが、私が 「ハイ、ハイ」と、リードを握ると、又、走る・・・?

blog-p242.jpg

そして、タイトルの 「今、ハマッテいる事」 それは、上記、犬の本です。
rakuが我が家にやって来て、直ぐに買った本も合わせると、現在5冊・・・!!!
勿論、本の通りには、いきませんが、面白くてハマッテいます。(笑)

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. ワンちゃんの事
  2. | trackback:0
  3. | comment:17