陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
初おろし! :: 2008/09/28(Sun)

blog-p241.jpg

今日は、先日購入致しました、粉引の片口に散歩中に採取致しました野花
(ヨメナ・ハギ・一番背の高いミズヒキに似ているのは、名前分かりませんm(__)m)
を、活けました。
口が付いているので、水は、口の下までしか入りませんが、
毎日、お水を足してあげたら、大丈夫です

ちょっとした、野山の風情・・・ですよね(^^)


  ◆この粉引の片口を作られた桃林窯 吉田求先生のブログは、こちらですよ!

スポンサーサイト

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:11
バラバラ、でもお揃い! :: 2008/09/25(Thu)

blog-p238.jpg

暑さ寒さも彼岸まで・・・アノ、暑かった夏を思えば、
本当に過ごしやすくなりましたねぇ?

今日は、前記事で、粉引の片口を褒めて頂き、ちょっと調子に乗ってのUPとなります。
おはぎを頂く前に撮りました。
地元、福岡の作家、岩田 圭介さんの作品です。
何焼き・・・と枠にはまらない自由な作品で、
購入の時は、「個性強すぎ・・・出すぎ・・・?」 とも、思ったのですが、
思い切って、購入して、正解・・・今でも、お気に入りです。
その時、一緒に、変形湯呑み6客とお鉢も、購入したのですが、それは又の機会に・・・!?

そして、備前焼のお湯呑みは、私の作品です。お茶
随分、使っていますので、色も濃くなって、触りもツルツルになっています。
布のコースターは、岩田 圭介さんの奥様の手作り・・・色違いで3枚ほど頂いたのですが、
これも、お気に入りです。

blog-p239.jpg

御覧の通り、6客揃いの、銘々皿ですが、皆それぞれバラバラで、楽しいでしょう
でも、お皿の角度、ソリは、同じなので、重ねると、6枚しっかり、お皿同士ぶつかる事なく
重ねられて、安定は良いんですよ(^^)

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
陶磁器展へ :: 2008/09/21(Sun)

blog-p235.jpg

昨日は、地元、北九州で、開催されています。
『西日本陶磁器フェスタ』へ、行って参りました。

blog-p236.jpg

先ず、購入致しましたのは、粉引の片口(W9.5 H5)
ブログご縁の、桃林窯・吉田 求さんの作品です。
作りは、紐作りで、少し変形しています。
口縁部も高低が有、丸こくって可愛いでしょう

吉田さんとは、PCだけのご縁でしたので、お会いするのは、今日が初めてです。
開口一番、吉田さん 「うちと名前が似ているんですよね・・・!」
       私     「えぇー」
       吉田さん 「桃林窯(とうりんがま)なので・・・」
       私     「あぁー、『え』 がないだけですね」

そうです。ローマ字に直すと、私が、tourienで、
吉田さんは、tourin なのです。
それで、ハンドルネームをtourinにしなかった事、
私のハンドルネームtourienを、覚えていた事など話してくださいました。

最後に、この片口は、どんな使い方をしたら良いですか?と質問したところ、
答えは、酒器?花器?との、お答えでしたが、
お酒は、ダメだし、水を上まで入れると、
口から、水が出て、少ししか入らないし・・・さて、何に使いましょうか?

blog-p237.jpg

そして、招き猫(お座布団も、磁器と、いう所に惚れました)と、
猫のストラップ(本体とストラップ部分をつないでいるのが、細い空洞の磁器なので、
         直ぐにダメになりそうですが、「まける・・・?」と言う言葉に、クラッときました)
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 私のお気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
小さいのに、華やかです! :: 2008/09/17(Wed)

blog-p232.jpg

今日は、小さいお花しか咲いていませんので、
花入れも、ミニ花入れです。(W4.3・H7.3・価格 1000円~2000円)

ミニ花入れは、1ヶだけでも、可愛いのですが、
今日は、3ヶ・・・それぞれ違うお花を活けました。
右から、バーベナ・?・キャンパスブルー・シマアシ・トウワタ・八重の山吹です。

何だか、華やかになりましたね(^^)

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:9
三代目誕生です! :: 2008/09/14(Sun)

blog-p230.jpg

さて、これは、一体なんでしょうか?

blog-p231.jpg

これも、ちょっと分かりにくいですね???

実は、以前、ブログでご紹介しました、メダカに待望の赤ちゃんが・・・
これで、3代目と言う事になりました。
画像の鉢には、体長約1cmほどに成長したメダカが約20匹、
そして、これより少し小さいメダカが約20匹、
卵状態が、数個・・・まだ、産卵しているので、
最終的に何匹になるのか・・・楽しみなんですよ(^^)

8月に入って、卵を付けたメダカに気づき、皆さんから教えて頂いた通りに・・・!!!
先ず、卵が産み付けられた水草を、別の場所に移します。
去年は、初めてで、何も分からず、そのまま放置して、(親メダカが食べちゃうそうです)
気が付いたら、7匹だけだったのですが、
今年は、産み付けられる度に、取り分け、同じ大きさの子だけにして
立派なメダカに育てなくては・・・と、思っています。
皆さん大人になるまで、見守ってくださいねm(__)m

テーマ:☆水槽の中☆ - ジャンル:ペット

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
ゴツイ、椅子です♪ :: 2008/09/11(Thu)

blog-p229.jpg

今日は、椅子です。いす

以前、お客様より、木材の持ち込みがあって、その時は、椅子とテーブルを作ったのですが、
それから、数ヶ月・・・お友達が椅子を、気に入ってしまって、譲った・・・と言う事で、
再び、ご注文がありました。

御覧の通りゴツイ椅子で、
座面の厚みは、約10?・・・どの部分も厚く、惜しげもなく木材を使っています。
以前、ご紹介しました、
Yさん宅にある椅子と、似たようなデザイン・・・父は、このデザインが好きなのでしょうね?

この椅子も、無垢材・・・燃えない限り、
100年だって残るのですから・・・凄いですよね(^^)

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 木工家具・小物
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
大作、兜の置物! :: 2008/09/08(Mon)

blog-p226.jpg

会員さんの作品、兜の置物です。
大作でしょう!

初め、本体を作り、正面を切り、観音開きにします。
後は、地道に、丁寧に、細工を施していく作業になりますが、
ご自分で作る、オリジナル作品なので、
観音開きの両側には、家紋を付けられています。
コー言う所が、手作りの良さですよね・・・(^^)
だって、家紋付き兜なんて、売っていませんものねぇ???

今回の兜で、4ヶ目になりますが、何のトラブルも無く、
順調に、サッサと出来上がりましたね

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
まるで、別犬です! :: 2008/09/05(Fri)

blog-p227.jpg

最近のrakuです。
お蔭様で、随分馴れてきましたよぉーー、まるで別犬です。
で、馴れてくると、じゃれつきます。飛びつきます。
体重13kgが、力加減なしで、飛び付いてきますので、たまりませーん!!

お次の課題は、『しつけ』ですが、これが、なかなか難しい
とりあえず、色んな事にも、慣れないといけない・・・と、言う事で、
今、実行している事は、散歩コースを、ご近所さんから町内へ、
途中、他所様の犬に吠えられ、車に遭遇し、
その度に、右往左往・・・ビビリまくり、途中、ひき帰ったり・・・?
早く、慣れて、次は、もう1つ向こうの信号のある車道まで行くんだからね・・・!?

blog-p228.jpg

そして、小鹿ちゃん・・・いえ、rakuです。
お決まりの、『触っても、いいよ』 ポーズでーす

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ワンちゃんの事
  2. | trackback:0
  3. | comment:11
浮世絵展 :: 2008/09/01(Mon)

blog-p219.jpg

先日、福岡市美術館
『ボストン美術館 浮世絵名品展』 ちと、長いですが、行って参りました。

159点の浮世絵、全てボストン美術館収蔵の物です。
何故、日本で、保管されてなかったのか・・・とも思いますが、
色々な時代背景があって、戦争、地震などにも遭わなくて綺麗に、保管されていたのですから、
アメリカへ渡って良かったかもしれませんね(^^)

浮世絵は、どれも色鮮やかで、初摺りの物も数点ありました。
その当時の、庶民相手に、皆に買って貰える様に
お手頃なお値段で、売られていたでしょうから、豪華・・・とは言えませんが、
その時代の流行を取り入れた、
簡素で、軽快、ユーモアもあって・・・何より日本独自の物です。
印象派の巨匠にも影響を与え、油絵の模写もされています。
ゴッホの『タンギー爺さん』なんて、モロですよね・・・なんだか、誇らしいではありませんか???

blog-p221.jpg

blog-p222.jpg

blog-p223.jpg

で、今回、購入致しましたのは、
クリアファイル(鳥居清長・歌川国芳・歌川国政・葛飾北斎)と、
久しぶりの図録です。

blog-p224.jpg

最後に、ちょっと、おまけ・・・♪
用があって郵便局に行った時の事、
待っていたら、フト、目に留まりました・・・浮世絵の切手です。
8月1日から、郵便局で、販売されていた物で、まだ販売されているかもしれませんよ(^^)

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 美術館・展示会巡り
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。