陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
雛人形、備前焼です! :: 2008/02/29(Fri)

blog-p110.jpg


私の作品、雛人形です。
高さ6~8?ほど、人形自体が地味なので、バックを金屏風にしました。

作り方は、粘土の塊を、先ず均等に叩いて円形にのばします。
少し乾いて、好みの形に折り曲げ胴部を作ります。
顔を作って、胴部に差込・・・細かい部分を細工して出来上がり・・・これも随分作りましたぁー(^^)

お知らせしたい事がありました。
本日、TV (NHK12・デジタル2) 『美の壺』に備前焼が取り上げられます。
是非、御覧になられてください。
スポンサーサイト

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、私の作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
タカサゴユリの種です! :: 2008/02/16(Sat)

blog-p115.jpg


8月23日のブログでご紹介した、タカサゴユリ・・・こんな風になりました。
傾けると、種が落ちますので、私の作品、瓢形徳利に挿して撮ります。
瓢形徳利は、ロクロで普通に挽いた後、少し傾けますが、それだけでは不十分なので、
仕上げの時、中心をずらしています。(簡単に言うと、側面を底へ、そして底を側面に・・・です)

blog-p116.jpg


これが、タカサゴユリの種です。
直径5mm、厚みはほとんどありません。ペラペラです。
よくこの種で、アノ、ユリを咲かせる物だと感心します。
種は、下から上まであったのですが、気付くのが遅く半分は飛んで行って
残っているのはこれだけです。
ブログ記事の為、撮ってみると種の入った部屋と部屋をつなぐ様に
綺麗にネットが掛けられています。
一度に種が真下だけにいかない様・・・風に吹かれて遠くへいく様・・・
工夫されているのでしょう?
凄いですよねぇ!!そして、綺麗です!!

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

  1. 季節の花
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
何と、積雪です! :: 2008/02/13(Wed)

blog-p112.jpg


今日は、お正月以来の雪でした。雪だるま
屋根に降り積もった雪、15cmぐらいはありそうです。
外は、白くなって、雪が降っているのを眺めていたら、
『赤穂浪士の討ち入りみたいやのぉー』と、時代劇大好き人間の父が声を掛けてきます。
『アッ、ソウーー』と答え、変わった発想をするなぁーと思いつつ
私も思い付きました・・・で、デジカメ持って外をウロウロ・・・

blog-p113.jpg

blog-p114.jpg


雪が反射板の役割をしているのでしょうか・・・実物より綺麗に撮れました。
上から、寒アヤメ、梅、侘び助の紅と白、蝋梅、椿初嵐です。
白とのコントラストなかなかです。(^^)

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

  1. 季節の花
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
お揃いの湯呑み! :: 2008/02/12(Tue)

blog-p109.jpg


会員さんの作品、お湯呑みです。お茶
口縁部をちょっと反らして、飲みやすそうに出来ました。
ロクロも上手になられて、こんな会話が聞こえてきます。
『中心が合っていると、作りやすい、仕上げも削りやすい・・・』と・・・
そうです。合っていないのに無理に作って・・・後で仕上げの時に何とかすればいい・・・と思っても
ずーーーと、ご自身が苦労をします。
急がば回れ・・・1ツづつ確実に合わせていった方が、気持ちよーく、作品が出来ますね!!
中心を合わせるのが、慣れるまで結構、難しいですが・・・(^^)

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
田園讃歌、絵画展! :: 2008/02/08(Fri)

blog-p106.jpg


先日、北九州市立美術館、田園をテーマにした絵画展に行って参りました。
お目当ては、上記、ミレーの『落ち穂拾い』と、モネの『積み藁』です。

blog-p105.jpg


上記左が、北九州市立美術館です。そして美術館を撮って、回れ右をして撮ったのが右、
そうです!!山・・・丘・・・の上に美術館は在り、
ここの周り別館、遊歩道、広場・・・など全て合わせて、『美術の森公園』としている所です。

blog-p108.jpg


今回購入したのは、上記、モネ・ローランサン・ミレー・ゴッホ・シャガールのクリアファイルです。
以前は、図録を購入していましたが、段々とかさ張り、場所も取ってきたので、
最近はクリアファイルです。
が、これも多くなるとかさ張りますし、後々、どーするの・・・?と自問自答しています。
どーしょう・・・・汗・2

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 美術館・展示会巡り
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
寒アヤメ、咲きました! :: 2008/02/05(Tue)

blog-p104.jpg


寒アヤメ、咲きました。
 
アヤメは、4、5月頃でしょうか・・・!
大きさも、アヤメの約半分、15~20?ぐらいです。
葉の幅も、比べると細いですが、ピーンとしてますよ。(^^)
雪が降り積もった、白の上に、ブルーの花と緑の葉が、出ているのを見ると、
何とも綺麗ですが、ここは、お正月に少し降っただけです。
2月に入って、これから、寒アヤメも次々に咲きますので、
1度くらいは、そー言う景色、見たいですね・・・

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

  1. 季節の花
  2. | trackback:0
  3. | comment:9
招き猫、備前焼です! :: 2008/02/01(Fri)

blog-p103.jpg


猫ちゃんは、飼っていませんが、猫グッズは、好きで幾つか持っています。
本日は、その中の1つ、備前焼の招き猫です。
このつり上がった目と、プヨプヨしている様なホッペが、お気に入りです。ねこ

これは、備前焼作家、木村玉舟先生の作品です。
普通の作品(ロクロ物)も作られますが、
陶彫作家として、魚シリーズと裸婦像などで有名な先生です。
又、備前には六姓
(代々世襲して、受け継がれてきた、木村・森・金重・大饗・頓宮・寺見の六家を言います。
詳しくは、現在の備前焼作家、窯元で構成されている備前焼陶友会がありますので、
こちらを御覧くださいませm(__)m)
と言うのがあって、その中の1つであり、17代木村玉舟と名乗られています。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 備前焼、作家・窯元
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。