陶里宛 陶芸日和

陶芸講師、日々の陶芸と日記!!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
陶芸、会員さんの作品 :: 2017/09/18(Mon)

9月も中旬・・・随分と秋の気配を感じるようになりました。
「暑さ寒さも彼岸まで」と、言いますので、これから一時は、過ごしやすいですね。

今日は、
会員のAさんの作品、来年の干支戌の置物です。


blog-m77.jpg

blog-m78.jpg

blog-m79.jpg

blog-m76.jpg


同じ戌がモチーフでも、
石膏型で作られた物、粘土の塊からの手作りの物・・・全く違うワンちゃんが出来ました。

又、同じ石膏型から形を抜いて、作られても、
型から抜いた後に、手を加えていくと、会員さんそれぞれ、違うワンちゃんになっていきます。

箸置きのワンちゃんも、3匹それぞれ可愛くて、
きっと、お孫さんが喜ばれるのではないでしょうか? 


スポンサーサイト

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
陶芸、会員さんの作品 :: 2017/05/25(Thu)

まだ、5月だと言うのに、日中は暑いですねぇー
これから、9月頃まで続くかと思うと、気が重いです。

皆さん、熱中症など気を付けてお過ごしくださいませ。

今日は、会員さんの作品です。


blog-m58.jpg


Nさん
定番のマグカップ・・・ロクロ挽きの手作りですが、
ピッタリ同じ、大きさ、形になりましたね。


blog-m57.jpg


I さん
それぞれ、プレゼント用の焼酎呑と湯呑
大きさ、形を替えて、お友達に好みの作品を選んで貰うとの事・・・喜んで頂けると良いですね。


blog-m60.jpg

blog-m59.jpg


Dさん
ロクロ挽きで均等に作った花入れを大胆にカットし、
陶板にカニとエビを細工された物を貼り合わせ作られました。
見事な細工で、花入れよりも、カニ・エビの細工の方に目が向きます。
焼き上がりが楽しみですね。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
陶芸、会員さん・私の作品 :: 2016/10/30(Sun)

10月も、もう終わり、
いよいよ、窯詰め・窯焚きの時期がやってきました。

今年もいつも通り、棚に整理された作品をまとめて撮ろうか?と、思いましたが、
時間を掛けた、力作が多いので、その一部を一点づつアップ致しました。


blog-m32.jpg
blog-m27.jpg


Tさん
来年の干支、酉の置物です。
特に、上の作品は、ニワトリの羽の一部を、一枚づつ張り付けられています。
線書きでは、表現出来ない立体的になっていて、焼き上がるのが楽しみです。


blog-m31.jpg


Naさん
手付き鉢・・・こちらも、一度、丸鉢を作った後、
底の一部を切り取り、貼り合わせて作っています。お正月、お節料理が合いそうです。


blog-m24.jpg


Aさん
花入れ・・・縦長小壺をロクロ挽き後、手で、大体の形に成形、
そして、左右、真中の円に、粘土を足して、馴染ませました。モダン備前になりました。


blog-m26.jpg


Nさんと、そのお孫さん
作りながら、Nさんと、お孫さん、きっと会話も弾んだ事でしょう?
良い思い出の作品になりますね。


blog-m28.jpg


Yさん
手捻り・タタラ作りでの作品、花器です。
底の陶板の上に、3段積み上げ、全てを接続しました。個性的な花器になりました。


blog-m25.jpg


Dさん
二重になった透かしの花入れと、6面体の花入れです。
大きく開けた透かしで、中の花入れが、はっきり見えます。
6面体の花入れは、凹凸に面取りし、こちらも一目で6面体だと分かるように作られました。


blog-m29.jpg
blog-m30.jpg


私の今年の作品です。




そして、ちょっと、おまけ


blog-m33.jpg


私の作品に、ホトトギスを活けてみました。
『秋』を、感じますね。

ではでは、これから約1ヶ月、体調管理怠りなく、窯詰め窯焚きがんばります。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
陶芸、会員さんの作品 :: 2016/09/30(Fri)

9月も終わり、
少しづつ秋の気配を感じる様になりました。

11月の窯焚きに向けて、会員の皆さんも最後の追い込みです。

今日は、会員さんの作品です。


blog-m20.jpg

blog-m21.jpg

Dさん
一つの作品に幾つもの技法を組み合わせ作りあげました。
ご自身の好みと挑戦で、コツコツ作る事が出来る陶芸教室の醍醐味かもしれませんね。


blog-m23.jpg


Nさん
梅小鉢の大小・・・上から見ると、本当に綺麗な梅の形になりました。


blog-m22.jpg


Naさん
手付き一輪・・・シンプルな筒形ですが、ちょっと、線紋を加えるだけで、個性的な作品になりました。
お花を活けやすそうです。


blog-m19.jpg


Dさん
昨年焼き上がった作品に、採取した竹で、手作り取っ手を、取り付けています。
備前焼に竹・・・雰囲気もピッタリで、椿一輪活けたくなる花入れですね。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
陶芸、会員さんの作品 :: 2016/07/27(Wed)

    暑中お見舞い申し上げます。

毎日、暑いですねぇー
1日に何回 『アツイ』 と、口にしている事か・・・アツイです。


今日は、会員さんの作品です。


blog-m10.jpg


Yさん
透かしの花入れ、二重構造になっていて、中には、筒花入れを入れています。


blog-m12.jpg


Nさん
鉢カバー、斜めにカットした物を反対にして再び接着させています。


blog-m13.jpg


Tさん
鎬茶碗、厚めにロクロ挽きして、勢い良く、カンナで削り取りました。


blog-m11.jpg


Aさん
今年も半分過ぎましたが、来年の干支、酉の置物です。
実は、12年前制作の酉の置物は、お持ちなのですが、
12年の間にお二人のお嬢様がそれぞれご結婚されたので、それぞれのご家庭に・・・という事です。


それでは、皆さん
夏バテしない様に気を付けて、今年の夏を乗り切りましょう!!!


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
陶芸、会員さんの作品 :: 2016/04/30(Sat)

ゴールデンウィーク真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は、この時期、気候も良いし、蚊もいないしで、炭割り・粘土作り・・・など、雑用と陶芸教室してます。


今日は、会員さんの作品です。


blog-t1123.jpg

Nさん

三つ足の花入れと一輪差し
面取りがアクセントになってますね。


blog-t1120.jpg

Toさん

工房の近くで採取された、リアル葉っぱを陶板に押し付けました。
細かい葉脈までクッキリです。


blog-t1121.jpg

Tuさん

↑の地模様の布を陶板に押し付けて作られました。
重厚感のある角皿になりした。


blog-t1122.jpg

Aさん

フクロウに細工をされた、爪楊枝立て
一体一体手作りなので、それぞれ表情が違っていてどれも可愛いですね。
後5体作って、小学校の同窓会で記念に贈られるそうです。
背中には、 【祝 喜寿】 の文字・・・ 皆さん喜ばれる事でしょう。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
陶芸、会員さんの作品 :: 2015/10/28(Wed)

10月も、後半・・・日ましに秋も深まり、日照時間も短くなって参りました。
毎日行っているraku(飼っている犬)との夕方の散歩も、
あっと言う間暗くなりますので、段々早く行くようになりました。

今日は、窯詰めを控えている作品達です。


blog-t1086.jpg

blog-t1087.jpg

blog-t1085.jpg

blog-t1084.jpg


↑1年・・・厳密には、窯焚き月、年末、真冬、お盆月は、大体皆さんお休みされますので、
約半年で作りあげた作品群です。


blog-t1091.jpg


Tさん

手作りのシーサー1組です。
「阿吽の呼吸」で、1体は口を閉じませますが、
もう1体は口を開けさせないといけませんので、歯、牙、舌までキッチリ作られています。
ユーモアたっぷりの表情で、しっかり魔除けをしてくれそうです。


blog-t1089.jpg


Nさん

鉢カバー4種
ロクロ挽き後、粘土を張ったり、透かした後に、削ったりして、粘土で編んでいるかのようにしたり、
又、粘土が差し込まれているかのようにしたり、根気良く丁寧に作られました。


blog-t1088.jpg


Dさん

透かしの花入れ
透かしを施した、外側の中には、もう1つ入れていて、二重構造の花入れになっています。
鶴首の方には、窓を二か所開け、
それぞれ、タツノオトシゴとムツゴロウの細工物を配置し、楽しい作品になりました。


blog-t1090.jpg


Tさん

来年の干支、申の置物です。
生まれたばかりの赤ちゃんサルを抱っこして、優しい表情のお母さんサルになりました。



テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 陶芸、会員さんの作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。